八村塁、MVP候補ヤニスと夢の対決なるか。勝負の後半戦、見どころは?

NBA後半戦見どころ@イースタン・カンファレンス編

 オールスター終了現在、イースタン・カンファレンスではミルウォーキー・バックスが独走している。そのバックスの「絶対エース」として君臨するのが、25歳のヤニス・アデトクンボ(PF)だ。バックスを、そしてヤニスを止めるチームは現れるのか――。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。


日本人初のライジングスターズ出場を果たした八村塁

 リーグトップの1試合平均119.6得点という爆発的なオフェンス力を武器に、1月24日には東西最速で40勝(6敗)に到達。現在イースタンの首位に立つバックス(46勝8敗)は、2位のトロント・ラプターズ(40勝15敗)に6.5ゲーム差をつけて独走態勢に入っている。

 NBAの歴史上、6敗以下で40勝に到達したチームは、今季のバックスをのぞいて過去に6チームしかいない。そのなかで2015−2016シーズンのゴールデンステート・ウォリアーズ(40勝4敗)だけはファイナルで敗れたものの、残り5チームはすべて優勝を遂げている。

 データから語るならば、今季のバックスがファイナルまで進出することは約束されたと言ってもいい。

続きを見る

関連記事(外部サイト)