宮原知子はリンクで気品が滲む稀代のスケーター。「前を向いています」

Never give up! 
日本フィギュアスケート2019-2020総集編(3)

 カナダのモントリオールで開催予定だった世界フィギュアスケート選手権が、新型コロナウイルスの影響で中止になり、2019-2020シーズンが終了。今季も氷上で熱戦を繰り広げた日本人スケーターたちの活躍を振り返る。今回は、女子フィギュアスケートを牽引してきた「ミス・パーフェクト」宮原知子にスポットを当てる──。


一時代を支えてきた宮原知子も3月下旬に22歳となる

 リンクの上の彼女はたおやかで、光の粒をまとったように見える。ひとつひとつの音を拾い上げ、全身を一本の芯にして取り込み、エッジと指先から再び解き放つ。それはキラキラと輝く。

 宮原知子は、そうして観客を陶然とさせ、曲の物語世界にいざなう――。その境地に達した数少ないスケーターだ。

 2006年のトリノ五輪で荒川静香が金メダルを勝ち取ったあと、日本女子フィギュアは浅田真央、安藤美姫、村主章枝、中野友加里、鈴木明子、村上佳菜子などが百花繚乱だった。

 華やかな季節が過ぎたあと、宮原は女子のエースとして台頭した。2014−15シーズンから、浅田に並ぶ4連覇を達成。2018年の平昌五輪では、自身が持っていた日本女子歴代最高得点を更新して222.38点を記録し、4位に入賞した。

続きを見る

関連記事(外部サイト)