NHKマイルCはわかりやすい血統の傾向から3頭をピックアップ

 5月10日、東京競馬場でGT・NHKマイルC(芝1600m)が行なわれる。このレースは今回で25回目。80回を超える日本ダービーなどに比べると歴史の浅いレースだが、わかりやすい血統的傾向も多く、「血統派」としては展望がしやすいレースとも言える。


レシステンシアと共に人気を集めそうなタイセイビジョン

 昨年の最優秀2歳牝馬で、今回も人気を集めそうなレシステンシア(牝3歳/栗東・松下武士厩舎)も、このレース向きの血統構成の持ち主だ。

 同馬は昨年、新馬戦、GVファンタジーS(京都/芝1400m)、GT阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神/芝1600m)を3連勝。阪神ジュベナイルフィリーズは2着に5馬身差をつけ、1分32秒7というコースレコードだった。しかし年が明け、単勝1.4倍の圧倒的1番人気だったGVチューリップ賞(阪神/芝1600m)は3着。重馬場で行なわれた前走のGT桜花賞(阪神/芝1600m)は2番手追走から一旦は先頭に立ったが、デアリングタクトに差されて2着に敗れた。

 血統を見ると、父ダイワメジャーは2004年のGT皐月賞(中山/芝2000m)や、NHKマイルCと同じ舞台のGT安田記念(2007年:東京/芝1600m)を含むGT5勝。産駒も、NHKマイルCでは2012年カレンブラックヒル、2016年メジャーエンブレム、2019年アドマイヤマーズと、種牡馬としてレース史上最多の3勝を挙げている。

続きを見る

関連記事(外部サイト)