大穴が台頭するNHKマイルC。ドでかい夢を見るのに適した3頭を発見

大穴が台頭するNHKマイルC。ドでかい夢を見るのに適した3頭を発見

大穴が台頭するNHKマイルC。ドでかい夢を見るのに適した3頭を発見の画像

 今週から始まる東京競馬場での5週連続GI開催。そのトップを飾るのは、3歳馬による「マイル王決定戦」GI NHKマイルC(5月10日/東京・芝1600m)である。

 先週のGI天皇賞・春と同様、このレースも「荒れる春のGI」のひとつとして知られている。なにしろ、過去10年で、10番人気以上の穴馬が7回も馬券圏内(3着以内)に絡んでおり、3連単の配当が10万円を超えたことが6回もあるのだ。

 なかでも、大波乱となったのは、2013年。10番人気のマイネルホウオウが大金星を飾って、2着に6番人気のインパルスヒーロー、3着に8番人気のフラムドグロワールが入って、3連単は123万5600円という超高配当をつけた。

 これだけ荒れていれば、穴狙いに徹するべきだろう。ということで、過去10年の結果を参考にして、今年のレースで激走しそうな伏兵馬を探し出してみたい。

 最初に注視したいのは、前走でオープン特別か、重賞レースを勝っていながら、低評価にとどまっていた馬である。

 たとえば、先述のインパルスヒーロー。同馬は、前走でGIIIファルコンS(中京・芝1400m)を勝利していながら、6番人気に甘んじていた。

 2014年に17番人気で2着に入ったタガノブルグも同様だ。こちらは、前走でオープン特別の橘S(京都・芝1400m)を勝って挑んだが、メンバーぞろいのGIのうえ、距離面が不安視されたのか、人気が急落していた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)