NHKマイルCは荒れる。穴党記者が馬場状況を吟味して厳選した4頭

NHKマイルCは荒れる。穴党記者が馬場状況を吟味して厳選した4頭

NHKマイルCは荒れる。穴党記者が馬場状況を吟味して厳選した4頭の画像

 3歳馬の「マイル王決定戦」GI NHKマイルC(東京・芝1600m)が5月10日に行なわれる。

 同レースの過去10年の結果を振り返ってみると、1番人気は5勝とまずまずの成績を残している。しかしながら、2013年の100万円超えを含めて、3連単では10万円超えの高配当が6度も出ている”荒れる”一戦である。とりわけ、過去3年連続で3連単は10万円超え。この流れからして、今年も思わぬ波乱が起こってもおかしくない。

 そして今回は、2歳女王でGI桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)でも2着と奮闘したレシステンシア(牝3歳)に、前走でGIII毎日杯(3月28日/阪神・芝1800m)を勝ってデビュー3連勝を飾ったサトノインプレッサ(牡3歳)、無傷の3連勝で前哨戦のGIIニュージーランドトロフィー(4月11日/中山・芝1600m)を制したルフトシュトローム(牡3歳)など、有力馬がズラリ。下馬評ではこれら3頭が人気上位になると見られているが、デイリー馬三郎の吉田順一記者は、いずれの馬も「絶対的な信頼は置けない」と言う。

「レシステンシアは、攻め過程と今のテンションからして、桜花賞の疲れが多少残っている印象。初めてとなる長距離輸送の課題も残っており、今回は”危険な人気馬”の香りがします。

 ルフトシュトロームは、1週前の写真撮影の際、ややこじんまりとしたシルエットに見えました。最終追いでも発汗が目立っており、(好走には)テンションの維持がカギ。その点で若干の不安があります。

 サトノインプレッサは、2週続けて格下馬にあおられる稽古が気がかり。1週前の馬体診断でも、少し重めに感じました」

続きを見る

関連記事(外部サイト)