記録は不名誉、走りは魅力満点。F1で一番勝てなかったドライバー

記憶に残るドライバー列伝(4)
アンドレア・デ・チェザリス


マクラーレンやジョーダンで活躍したアンドレア・デ・チェザリス

 15年間で10チームを渡り歩き、F1に出場すること208戦。一度も勝つことができず、未勝利ドライバーの最多出場記録と18戦連続リタイアという不名誉な記録を持つ男。それがアンドレア・デ・チェザリスだ。

 勲章と言えるものはデビュー3年目の1982年、当時最年少(22歳308日)で獲得したポールポジション1回のみ。速さはあるが荒々しい走りでクラッシュも多く、「壊し屋」というニックネームをつけられるほどだった。

 彼の有名なエピソードはデビュー2年目、マクラーレンに在籍していた時のこと。チェザリスの度重なるクラッシュによって巨額のパーツ代と修理代に苦しんでいたチームは、第13戦のオランダGPで予選13位を獲得した彼を決勝レースに出走させないことを決断する。マクラーレンは彼がマシンを壊すのを恐れたのだった。

 このシーズン、チェザリスはマシンを18台も破損させたというが、チームにもたらしたものは1ポイントだけだった。当時マクラーレンのボスだったロン・デニスは激怒し、シーズンが終わると、チェザリスはチームから放り出されてしまった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)