小さなクラブ・ヴァンフォーレ甲府が見せた、2005年の大きな奇跡

Jリーグ27年からチョイス!
『私のベストチーム』
第9回:2005年のヴァンフォーレ甲府

 年間予算が7億円にも満たない地方のスモールクラブが、かつて日本サッカーの中心を担った”丸の内御三家”のひとつを粉砕し、夢のJ1昇格。そんなおとぎ話の世界のような出来事が、Jリーグの歴史にも存在する。


2005年、柏との入れ替え戦でダブルハットトリックの大爆発を見せた、ヴァンフォーレ甲府のFWバレー

 時は2005年。主役は、J1・J2入れ替え戦で、当時J1の柏レイソルに連勝して初昇格を決めた、ヴァンフォーレ甲府である。

 しかもその大番狂わせには、入れ替え戦独特の緊迫感のみならず、サッカーの娯楽性がふんだんに詰まっていた。誰も予想できない展開が次々と起こり、それが2試合を通してつづいたのだから、見る者にとってはまさに極上のエンターテインメント。そしてその最大の要因となっていたのが、甲府の超攻撃的サッカーだった。

 チームを率いていたのは、3年ぶりに甲府を指揮することになった大木武監督。自身の監督キャリアの出発点となった02年に、J2で万年最下位だった甲府を初めて7位に浮上させた手腕を買われての復帰だった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)