鉄人・大野均と盟友トンプソンの絆。キンちゃん離脱の危機をトモが救った

 日本ラグビー界の「鉄人」こと42歳のLO(ロック)大野均(東芝ブレイブルーパス)が引退を決意した。今年1月には39歳(当時38歳)のLOトンプソン ルーク(元・近鉄ライナーズ)も現役を引退。わずか4カ月の間に、ラグビー日本代表を支えてきた「LOコンビ」が続けてユニフォームを脱いだ。


日本代表を支え続けた大野均とトンプソン ルーク

 ふたりは2007年、2011年、2015年のラグビーワールドカップに揃って出場。国際試合に出場した回数は、トンプソンが71キャップ、大野が歴代最多の98キャップを数える。ともに出場した試合は50を超え、一緒に先発した試合は30ほど。お互いに「トモ」「キンちゃん」と呼び合う盟友だ。

 トンプソンとともに出場して一番記憶に残っている日本代表の試合を訊くと、大野は真っ先に「2007年W杯フランス大会のフィジー代表戦」を挙げた。これは、大野の体重が1試合で4kgも減ったという逸話がある。

「(トモとの思い出は)いっぱいあります。最初にワールドカップで試合したフィジー代表戦は(31−35で)勝てなかったが、すごく覚えています」

続きを見る

関連記事(外部サイト)