井原正巳が驚いたファルカンのドーハ組解体。合宿は「毎回ヘトヘト」

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第14回
早すぎたファルカン招聘。日本代表の失われた1年〜井原正巳(1)

 パウロ・ロベルト・ファルカンが日本代表の監督に就任し、チームが始動したのは、今からちょうど26年前、1994年4月だった。

 選手としては超大物だった。82年のスペインW杯ではセレソン(ブラジル代表)でジーコ、ソクラテス、トニーニョ・セレーゾと「黄金のカルテット」を形成し、セリエAのローマでは「皇帝」と呼ばれ、活躍した。

 指導者としては、90年にブラジル代表を1年間指揮し、コパ・アメリカ準優勝という結果。指導歴は浅いが、選手として世界を知り、トップレベルの修羅場を乗り越えてきたファルカンなら、日本サッカー史上初となるW杯(98年フランス大会)に連れていってくれるだろう。そんな期待感が大きく膨らんでいた。


「ドーハの悲劇」のあと、日本代表の指揮官となったパウロ・ロベルト・ファルカン。photo by Kyodo News

 このチームの中心だった井原正巳は、当時を振り返り、こう述べた。

「選手として実績のある人が監督になったので、どんなサッカーをするのか。どんなチームをつくるのか、すごく楽しみでしたね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)