大谷翔平が1年前に日本人初の衝撃。サイクルヒット達成で期待が膨らむ次の夢

 メジャーリーグ機構は現在、報酬を巡って選手会との協議が難航し、いまだ解決の目処は立っておりません。7月4日の独立記念日に開幕しようと進めていたプランも、ほぼ絶望的となってきました。


サイクルヒットを達成して笑顔を見せる大谷翔平

 ちなみに独立記念日の翌日は、大谷翔平選手の誕生日。昨年はヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダーから自らの25歳の誕生日を祝うバースデーアーチを放ち、ファンも大いに盛り上がりました。今年はメジャー開幕とともに大谷選手の誕生日を祝えなさそうで、非常に残念です。

 その大谷選手と言えば、ちょうど1年前の2019年6月13日、メジャー史に残る歴史的快挙を成し遂げました。日本人初となる「サイクルヒット達成」です。

 敵地フロリダ州セントピーターズバーグで行なわれたタンパベイ・レイズ戦。3番DHで出場した大谷選手は初回、レフトへ先制3ランを放つと、3回に左中間へ二塁打、5回にライト線へ三塁打、そして第4打席の7回、センター前へシングルヒットを放ち、メジャー2年目にして歴史に名を刻んだのです。

続きを見る

関連記事(外部サイト)