野茂英雄の記録を田中将大は追い抜けるか。絶滅寸前の「完封勝利」

福島良一「MLBコアサイド」

 1973年の初渡米から47年にわたってメジャーリーグへの造詣を深めてきた福島良一氏に、さまざまな魅力を伝えてもらう「MLBコアサイド」。今回はメジャーで激減している「完封勝利」について語ってもらいました。


日本人最多9度の完封勝利を記録している野茂英雄

 2020年シーズンのメジャーリーグ開催がついに正式決定しました。開幕日は現地時間7月23日もしくは24日。今季のレギュラーシーズンは60試合制で行なわれ、選手たちは7月1日に各球団のスプリングトレーニング地に集合したのち、全体練習を再開する予定です。

 この正式決定の発表があった6月24日からさかのぼること25年前、日本人にとってうれしい出来事がありました。日本人メジャーリーガーのパイオニアであるロサンゼルス・ドジャースの野茂英雄投手が、日本人投手として初めて完封勝利を記録したのです。

 1995年6月24日、本拠地ドジャースタジアム。その日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦はシーズン一番の大入りとなりました。5万3551人の大観衆が見守るなか、先発した野茂投手は強力打線を相手に9回2安打無失点。主砲バリー・ボンズなどから13個の三振を奪う快投を見せたのです。

 デビュー以来11先発目で初の完封勝利を飾った瞬間、場内はファンの歓声と拍手に包まれました。「ヒデオコール」が鳴り響くなか、本人は「完封よりも最後まで投げ切れたのが本当にうれしい」とコメント。ネット裏で観戦していた私にとっても、生涯忘れられない試合のひとつとなりました。

 その記念すべき初完封勝利から四半世紀。メジャーリーガーとなった日本人投手は、現在まで44人誕生しています。しかし、先発投手として9回を完投した経験があるのは12人だけ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)