箱根で好走した駒澤大の新星は五輪を目指す。速いより強いランナーに

 取材での受け答えは常に自然体だ。時に笑みを浮かべながら、自分の考えや感覚を語る。だが目標について話す時は、覚悟を示すかのように相手の目を見据えて離さない。

 昨年度、田澤は3大駅伝(出雲駅伝、全日本大学駅伝、箱根駅伝)すべてに出場し、全日本大学駅伝では7区で区間賞を獲得。箱根駅伝でも3区で7人抜きの好走を見せるなど、大学陸上長距離界で鮮烈なデビューを果たした田澤廉(駒澤大2年)は真剣な表情できっぱりと言った。

「1万mで東京五輪の代表を目指しています。日本選手権は今年初出場になりますが、目標のためにも勝ち切りたい。強い選手と競い合うなかでつかめるものもあるはずです。挑戦者ですが、結果を出しにいきます」


昨シーズン、1年生ながら3大駅伝すべてに出場した駒澤大・田澤廉

 現時点で日本陸連は12月に行なわれる長距離種目の日本選手権を代表選考会のひとつとしか明言していないが、少なくとも田澤にとっては来年を見据える意味で重要な大会となる。

 ベストタイムは昨年出した28分13秒21、これは2019年の日本人学生ではトップだったが、日本リストでは11位と上位に実業団勢が多数いた。1種目での代表は最大でも3人。来年の日本選手権まで視野に入れても日本の上位3人に入ることは簡単ではない。加えて参加標準記録(27分28秒00)の突破、もしくはワールドランキング上位に入らなければならない。参加資格は厳しく、壁は厚い。

続きを見る

関連記事(外部サイト)