スーパースターたちがなぜ続々と来日?日本でラグビーをする貴重な価値

 ニュージーランド代表「オールブラックス」で84キャップを保持し、現在スーパーリーグのブルーズに所属しているSO/FB(スタンドオフ/フルバック)ボーデン・バレットが日本にやってくる。

 2021年にバレットがトップリーグでプレーすると、7月3日にニュージーランドラグビー協会とサントリーサンゴリアスから発表された。海外ニュースサイトによると、契約金は約1億円と報道されている。


2018年にオールブラックスの一員として来日した時のバレット

 バレットは現在29歳。身長187cm、体重92kgの体躯を誇り、イケメンラグビー選手として名高い。5人兄弟の次男で、弟ふたり(ジョーディー&スコット)もスーパーラグビーでプレーするトップ選手だ。

 2015年のワールドカップ(W杯)で優勝を果たし、2016年はハリケーンズの司令塔としてチーム初のスーパーラグビー優勝に貢献。2016年と2017年にはサッカーの「バロンドール」にあたる、ワールドラグビー世界最優秀選手賞に2年連続で選ばれた。

「サントリーへの入団をとても楽しみにしていますし、家族も日本のライフスタイルや文化を経験できることを楽しみにしています。2019年のラグビーW杯の期間、日本で過ごした日々は大好きな時間で、ぜひまた日本に戻りたいと思うきっかけになりました」

 昨年のW杯、ニュージーランド代表は準決勝でイングランド代表に敗れて3連覇を逃した。しかし、多くのファンに歓待を受けたバレットは、日本で過ごした経験が忘れられなかった。練習の合間には大好きなラーメンに舌鼓を打っていたという。

 過去を振り返ると、これまで数多くの世界的トップ選手がトップリーグでプレーしている。なぜ、彼らは日本にやってくるのか。それは、ラグビー界におけるトップリーグの価値の高さにある。

 パナソニックをトップチームへと成長させた飯島均部長は、「トップリーグは日本人が思っている以上に、世界的に価値のあるリーグ」と話す。名だたる世界的企業がチームを支えている日本のトップリーグは、昨年のW杯以前から魅力的な移籍市場のひとつとして、すでに確固たる地位を得ているのだ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)