羽生結弦はソチで「五輪の怖さを知った」。魔物に立ち向かった底力

『羽生結弦は未来を創る〜絶対王者の歩み』
第I部 五輪での戦い(1) 
数々の快挙を達成し、フィギュアスケート界を牽引する羽生結弦。そこには、常に挑戦を続ける桁外れの精神力と自らの理想を果敢に追い求める情熱がある。世界の好敵手との歴史に残る戦いやその進化の歩みを振り返り、王者が切り拓いていく未来を、長年密着取材を続けるベテランジャーナリストが探っていく。

ソチ五輪フィギュア男子シングルSPで演技する羽生結弦

 2014年ソチ五輪フィギュアスケート男子シングル。強い思いを胸に秘めて臨んだ、初めての五輪の大舞台で、羽生結弦は優勝を果たした。個人戦SPでは世界最高得点を記録し、金メダル獲得はアジア勢初の快挙だった。

 羽生にとって幸運だったのは、個人戦を前に、この大会から正式種目になった団体戦を経験できたことだった。団体戦ショートプログラム(SP)をノーミスで滑り、エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)や、パトリック・チャン(カナダ)というビッグネームの選手を上回った。その勢いが、個人戦SPの驚異的な得点獲得による首位スタートにつながった。好発進を切った羽生だが、フリープログラムでは"五輪の魔物"が襲い掛かったのだったーー。

 14年2月14日、金メダルを決めた羽生は演技後、自らの夢を現実にしながらも、冷静な表情でこう話した。

「優勝という結果は、すごく誇りに思います。でも、自信がある3回転フリップでミスをしてしまったり、満足できる演技ではありませんでした」

 ソチ五輪の初演技は、開会式前日の2月6日の団体戦SP。羽生にとって子どもの頃から憧れたプルシェンコと初めて戦う場でもあった。プルシェンコは、02年ソルトレーク五輪から3大会連続で銀、金、銀と、メダルを獲得した地元ロシアの英雄。しかし、羽生は重圧に負けることなく、軽やかに舞った。

続きを見る

関連記事(外部サイト)