レッドブル・ホンダ、埋まらない絶対差。だが退屈レースが一変、好機はくる

◆「美しき世界のF1グリッドガールたち」はこちら>>>

 残り3周、イギリスGPの決勝レースはフィニッシュ直前で大きく動いた。

 2位のバルテリ・ボッタスが突如、左フロントタイヤのパンクに見舞われて後退。これを見たレッドブルは2位に上がったマックス・フェルスタッペンをすかさずピットインさせて、同様のトラブルを未然に防ぐと同時にソフトタイヤでファステストラップを獲りにいった。


レース後にパンクしたタイヤの状態を見るハミルトン

 その試みは見事に成功した。

 しかし、なんと残り半周というところで首位ルイス・ハミルトンにまでパンクが発生。ハミルトンはショルダーからトレッドが外れたタイヤでマシンをゴールまで運び、なんとかフェルスタッペンの前でコントロールラインを越えてイギリスGPの勝利を手にした。

 34秒あったフェルスタッペンとの差は5.856秒にまで縮まったが、もしピットインしていなければ、勝利はフェルスタッペンのものだった。ピットイン前のギャップはわずか14秒だったからだ。

 しかし、ピットインの決断を後悔していないとフェルスタッペンは言いきった。それどころか、2位という結果に満足していると。

「あとからでなら、何とでも言えるよ。僕らもタイヤが最後まで保つかどうか確信はなかったし、同じ周にピットインしたクルマがパンクに見舞われていたわけだから『よし、じゃあ確実に2位を確保するためにピットインしよう』と決めた。

 そのせいで5秒差で優勝を逃したという意味では不運だったけど、それはルイスとバルテリがパンクに見舞われたからでもあるんだから、ラッキーでもある。とにかく今日の彼らは速かった。本当なら僕らは3位にしかなれなかったんだから、僕は2位に満足。まったく落胆はしていないよ」

 それよりも重大なのは、チャンスが転がり落ちてくるのを待たなければ優勝とはほど遠い位置にいるという現実だ。

 ホンダの田辺豊治テクニカルディレクターは言う。

続きを見る

関連記事(外部サイト)