出雲駅伝中止で箱根予選会は? 立教大・上野監督「1年生の救済処置を」

 立教大学陸上競技部男子駅伝チームは、7月から部の練習を再開した。

 7月にはホクレン・ディスタンスチャレンジが開催され、東海大記録会にも多くの選手が出場した。関東インカレをはじめ、多くのレースが中止、延期となるなか、ようやくレースに参戦できることになったのだ。


ホクレン士別大会、深川大会に出場した立教大1年の服部凱杏

「いろんな方のご協力があって開催されることになりました。学生はもちろん、指導者にとってもありがたいことです」

 上野裕一郎監督は声を弾ませた。ただ、今回のホクレンはコロナ禍の影響で人数を制限するために出場できる設定タイムを厳しくし、誰でも出場できる大会ではなくなった。それでも立教大からは、士別大会3000mで関口絢太(1年)、1500mで服部凱杏(かいしん/1年)、ミラー千本真章(2年)が出場。深川大会は5000mに関口と服部が出走した。

「ホクレンは、立教大からも大会に出られる選手がいるんだと、ほかの選手に刺激を与えたかったのと、出場したのが1、2年の下級生なので上級生に檄を飛ばす意味も込めてエントリーしました。彼らが結果を出してチームの士気が上がればいいなと思ったのですが、簡単ではなかったですね」

 士別大会は3人とも自己ベストを更新したが、深川大会の5000mは、関口が14分18秒55、服部が14分41秒10でともに自己ベスト更新はならなかった。

「1500m、3000mについては、3人とも走れていたので自己ベストは更新できるだろうなと思っていました。5000mは、中3日で押し込めるかなと思っていたのですが、調整の難しさが出ました。遠征に行くとまだ自分のペースを理解できておらず、つい人に合わせてしまうんですよ。そこに関しては、僕がちゃんと指示を出さなければいけなかった。

 レースそのものについては、関口の5000mは決して悪くはなかった。もう1、2レース続けていけば、13分台に近づけると思っています。服部は、まだ力がなかったですね。吉居(大和/中央大1年)くんがあれだけ走った(13分38秒79)ので、本人も悔しかったと思いますが、2、3年で勝負できるようにやっていこうという話はしました」

続きを見る

関連記事(外部サイト)