MotoGP「無敵の王者」マルケスの少年時代。デビュー前にいきなり骨折

「名カメラマン厳選の美しきグリッドガールたち」の写真特集はこちら>>

MotoGP最速ライダーの軌跡(5) 
マルク・マルケス 上 

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。
5人目は、マルク・マルケス。現代MotoGPの「無敵の王者」の栄光の軌跡をたどる。

 まずは、彼を巡る現在の状況から話を始めることにしよう。


2010年、125ccクラスで初タイトルを獲得した17歳のマルク・マルケス。写真は第16戦ポルトガルGP表彰台

 最高峰クラスを6回制覇し、小・中排気量クラスも合わせると計8回の年間総合優勝を達成してきたマルク・マルケスは、2020年も当然のようにチャンピオン候補最右翼と見なされていた。

 しかし、7月19日にヘレスサーキットで開催されたシーズン初戦スペインGPの決勝レースで転倒、右上腕を骨折した。2日後の火曜日にはバルセロナで手術を実施し、骨折部位にチタンプレートを挿入して12本のスクリューで固定した。同じくヘレスで2週連続開催となる次戦アンダルシアGPは欠場必至と思われたが、出場の意思を示して世界を驚かせた。

 25日午前のセッションを走行したものの、やはり手術直後の腕の状態は万全ではなかった。午後にはそれ以上の走行は難しいと断念し、開幕2戦はノーポイントになった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)