小倉記念は勢いがある馬が強い。血統・コース実績も優秀な2頭に期待

◆鷲見玲奈さんインタビューカット集【第2弾】>>

 8月16日、小倉競馬場でGV小倉記念(芝2000m)が行なわれる。

 このレースは今年で56回目と、小倉ではもっとも古い歴史を誇る重賞。夏シーズンの西日本地区では唯一の「中距離芝重賞」でもある。

 昨年の勝ち馬メールドグラースは、同レースを制したあとでオーストラリアに渡り、GTコーフィールドC(芝2400m)を快勝した。GTにも繋がる重要な一戦となっている。

 夏のハンデ重賞は、勢いとコース適性がモノを言うケースが多い。昨年のメールドグラースもこのレースの前まで4連勝で、小倉では2戦2勝の成績だった。また、2018年の勝ち馬トリオンフも前走のGV鳴尾記念(阪神/芝2000m)で2着に入り、小倉ではGV小倉大賞典(芝1800m)を含む2勝を挙げていた。

 今年、この条件に当てはまる馬は何頭かいるが、その中ではランブリングアレー(牝4歳/栗東・友道康夫厩舎)が気になる存在だ。


前走のフラワーCで好走したランブリングアレー

 3歳時からGVフラワーC(中山/芝1800m)3着など重賞でも好走していたが、4歳を迎えた今年はさらなる充実ぶりを見せており、4戦3勝、2着1回という安定した成績を残している。小倉では今年2月の日田特別(1勝クラス、芝1800m)を逃げ切りで勝利。前走は垂水S(3勝クラス、阪神/芝2000m)を1馬身1/2差で制している。4戦目だった2000mで初勝利を挙げたことからも成長を感じる。

 血統も優秀で、母ブルーミングアレーはGUフローラS3着。同じディープインパクト産駒の叔父に、GTマイルチャンピオンシップを勝ったトーセンラー、GT天皇賞・秋を勝ったスピルバーグがいる。

 その2頭の叔父は、共に3歳時から重賞で好走を見せつつ、5歳時にGT初制覇を飾った。ランブリングアレーもここまで、その足跡をなぞれそうな成績を残している。叔父たちのような活躍を予感させる走りに期待したい。

続きを見る

関連記事(外部サイト)