関屋記念は戦歴が真逆の4歳馬2頭に注目。激走を予感させる好材料が揃う

関屋記念は戦歴が真逆の4歳馬2頭に注目。激走を予感させる好材料が揃う

関屋記念は戦歴が真逆の4歳馬2頭に注目。激走を予感させる好材料が揃うの画像

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

◆関屋記念で狙える「大穴」はこちら>>

 長かった梅雨が明けた途端、強烈に暑い日が続いていますね。コロナ禍という大変な状況にありますが、熱中症にもくれぐれもお気をつけください。

 さて、中央競馬界は今週から、小倉開催がスタートし、新潟と札幌は開催替わり。夏競馬も、はや後半戦から終盤戦へと差しかかろうとしています。

 今週の重賞は、新潟でサマーマイルシリーズ(※)第3戦のGIII関屋記念(8月16日/新潟・芝1600m)が、小倉でサマー2000シリーズ第3戦のGIII小倉記念(8月16日/小倉・芝2000m)が行なわれます。どちらも楽しみな一戦ですが、面白いメンバーがそろった関屋記念を、ここでは取り上げたいと思います。
※夏競馬を盛り上げるために行なわれている重賞のシリーズ戦(※一部、リステッド競走も含む)。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にしたものが『サマースプリントシリーズ』、芝1600m戦を対象にしたものが『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦を対象にしたものが『サマー2000シリーズ』。そして、それらすべてのレースを対象にしたものが『サマージョッキーズシリーズ』。それぞれのシリーズチャンピオンには褒賞金が与えられる。

 GIII中京記念(7月19日/阪神・芝1600m)を勝って、現在サマーマイルシリーズのトップに立っているメイケイダイハード(牡5歳)は、関屋記念にも出走してきました。こちらは、ここで連勝と決めれば、文句なしのサマーマイルシリーズ優勝となります。

 オープン入り後は惨敗続きで、頭打ち状態にあったメイケイダイハード。中京記念では、厩舎サイドでさえ惨敗を覚悟していたそうで、最低18番人気でした。そうした状況での勝利ゆえ、その結果をどこまで評価していいのか難しいところですが、シリーズ優勝が視界に入ってきた今、陣営の仕上げにも気合が入っていると思いますし、馬自身も"勝った"という経験によって、本来の覇気を取り戻すかもしれません。

 その他で注目されるのは、サマーマイルシリーズを意識している印象がある矢作芳人厩舎の2頭。中京記念3着のエントシャイデン(牡5歳)と、今年からサマーマイルシリーズに組み込まれたオープン特別の米子S(6月21日/阪神・芝1600m)で3着、中京記念で5着だったミッキーブリランテ(牡4歳)です。どちらもポイントを稼いでいて、関屋記念に勝てば、シリーズ優勝の可能性が膨らんできます。

続きを見る

関連記事(外部サイト)