羽生結弦が見せた五輪王者の意地。フィギュアスケートは人生そのもの

関連記事はコチラ>>羽生結弦を追う時世代エース。鍵山優真、佐藤駿が勢力図を変えていく

『羽生結弦は未来を創る〜絶対王者との対話』 
第I部 五輪での戦い(3) 

数々の快挙を達成し、男子フィギュア界を牽引する羽生結弦。その裏側には、常に挑戦を続ける桁外れの精神力と自らの理想を果敢に追い求める情熱がある。世界の好敵手との歴史に残る戦いやその進化の歩みを振り返り、王者が切り拓いていく未来を、長年密着取材を続けるベテランジャーナリストが探っていく。


2014年ソチ五輪で演技する羽生結弦

 2014年のソチ五輪で金メダルを獲得し、五輪王者としての役割を果たそうと決意して挑んだ14ー15年シーズン。羽生は予想だにしないアクシデントに遭遇することになった。

 11月のシーズン初戦のグランプリ(GP)シリーズ中国杯で、ショートプログラム(SP)2位で発進した後、フリー直前の6分間練習で互いにジャンプに入ろうと後ろ向きで滑っていたハン・ヤン(中国)と激突。頭部と下顎(かがく)挫創(ざそう)、腹部と左大腿挫傷(ざしょう)、右足関節捻挫で全治2〜3週間と診断された。

 しかし、脳震盪(のうしんとう)は起こしていないとして、フリーに強行出場。結果は、2位だった。さらに、3週間後のNHK杯にも出場。4位にとどまったがポイントで6位となり、GPファイナルに進出し、大会連覇を果たした。

 彼のすさまじい意地を、見せつけられ続けた期間だった。

続きを見る

関連記事(外部サイト)