元バルセロナの重鎮に絶賛された「美しく勝つ」永井秀樹のヴェルディ

永井秀樹 ヴェルディ再建への道
トップチーム監督編(15)

(14)はこちら>>

 相手を圧倒して美しく勝つ――。

 トップチーム監督に就任以来、「異端」「非現実的」と揶揄(やゆ)されてきた、永井秀樹が追い求める理想のサッカーが今、形になりつつある。


永井秀樹監督率いるヴェルディは、7月の甲府戦でいい形の勝利を収めた

 7月15日(水)のヴァンフォーレ甲府戦で、ヴェルディは華麗なパスワークと圧倒的な攻撃(シュート数16/得点4)で勝利。続くジェフユナイテッド千葉戦でも終始ゲームを支配して(シュート数13/得点2)勝利をおさめて今季初の連勝を飾った。以後は引き分けや負け試合もあるものの、昨シーズンから課題だった守備面が安定するようになってきた。

 永井はヴェルディユース監督時代を含めて4シーズン、ポジショニングと数的優位の重要性を選手に伝え続けてきた。トップチームの監督としては1年が経ち、選手も頭で理解するだけではなく、ピッチ上のプレーで表現ができるようになってきている。

 さらに、試みていることがある。「質の追求に終わりなし」と常々話す永井は、おそらくJリーグクラブでは初となる「パーソナル・コーチング」を取り入れた。

「我々らが描きたいサッカーの絵は決まっている。その絵はジクソーパズルと同じように、控え選手も含めた全員、1ピースでも欠ければ完成しない。だからこそチーム全体の戦術判断とは別に、各自のポジションや状況によって、個人戦術の質を高める必要がある。そのあたりをフォローする目的で、選手それぞれに担当コーチをつけて、より細分化して分析やアドバイスができないかと考えた。

 担当コーチは、練習から試合まで、選手のワンプレーに対して『この場面での立ち位置は違う』『この状況では、ここにボールを通した方がよりいい』という感じで、具体的にアドバイスする。『そのプレーでは駄目だ』で終わりにするのではなく、『正しい位置はここ』と具体的に伝えるから、選手もきちんと理解して改善に役立てられるようになったと思う」(永井)

続きを見る

関連記事(外部サイト)