レッドブル・ホンダ、0.7秒差の残酷な現実とフェルスタッペンの心の叫び

◆「これで見納め!美しきF1グリッドガール」のフォトギャラリーはこちら>>>

 いつも冷静なマックス・フェルスタッペンが、珍しく声を荒げた。

「僕らは自分たちのレースに集中すべきだ。ルイス(・ハミルトン)のレースじゃない。まず自分たちの仕事をしっかりとやるべきだ!」


レッドブル・ホンダはスペインGPで現実を見せつけられた

 スペインGP決勝のスタートでバルテリ・ボッタスをかわしたフェルスタッペンは、首位ハミルトンの1.5秒後方を走り続けた。

 金曜フリー走行のロングランではメルセデスAMG勢よりもレッドブルのほうが速く、1週間前のシルバーストンでの逆転劇に続き、このスペインGPでも勝てるのではないかという期待が広がった。少なくともメルセデスAMG勢と優勝争いはできそうだった。

 しかし、10周目を過ぎたあたりからハミルトンがプッシュを開始すると、ギャップはあっという間に8秒にまで広がってしまった。ハミルトンについていけていたのではなく、敵が大幅に抑えて走っていただけのことだったのだ。

「リアタイヤに苦しんでいる。もうターン7は最悪だ」

「追い風なんか関係ない、タイヤのせいだ」

「繰り返してほしいか? このクソタイヤはもう終わっている」

「こんなにタイムを失っているのに、なんでピットインしないんだ。トラフィックなんかどうだっていい、簡単に抜けるんだから」

 無線のやりとりはどんどん荒々しいものになっていき、21周目にピットインを終えてフェルスタッペンは冒頭の怒りを無線で伝えた。

「後ろに2台が見えてないか?」

 レースエンジニアのジャンピエロ・ランビアーズは、そのレーシングポイントの前に出るためにピットインを遅らせたのだと言わんばかりに伝えたが、フェルスタッペンは「あぁ、彼らは遅いね!」と反論。ランビアーズは「落ち着いて走ってくれ、マックス」となだめた。

 フェルスタッペンが珍しく苛立ちを見せたのは、メルセデスAMGのハミルトンと優勝争いなど到底できないという現実を見せつけられたからだ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)