ロッシの後輩、シモンチェリの短過ぎた生涯。遺志を継ぐ日本人がいる

MotoGP最速ライダーの軌跡(7) 
マルコ・シモンチェリ 

世界中のファンを感動と興奮の渦に巻き込んできた二輪ロードレース界。この連載では、MotoGP歴代チャンピオンや印象深い21世紀の名ライダーの足跡を当時のエピソードを交えながら振り返っていく。 7人目は、マルコ・シモンチェリ。大胆なライディングとトレードマークの金髪アフロスタイルで異彩を放っていた彼の生涯を回顧する。 


2011年、MotoGPチェコGPで初表彰台を獲得したマルコ・シモンチェリ

 たしか、2010年か11年のどちらかだったと思う。イタリアのリミニ近郊をレンタカーで走っていると、つけっぱなしにしていたカーラジオからいきなりマルコ・シモンチェリの声が飛び出してきたことがあった。

 詳細は忘れてしまったが、なにかのCMだったように記憶している。ひと声聞いただけですぐにわかるあの陽気な口調で、彼の大柄な体がいまにもラジオのスピーカーから飛び出してきそうだった。もうすっかり世の中の人気者なのだな、と感じたと同時に、この国のMotoGP人気の高さをあらためて痛感する出来事だった。

 二輪ロードレース大国のイタリアは、過去から現在に至るまで数々のチャンピオンや名選手を輩出してきた。そのムーブメントは、バレンティーノ・ロッシで頂点に達したといっていい。2010年代に入り、そこに新たに加わってきた選手がシモンチェリだった。

 キャラ立ちという面だけでいえば、彼は当時のMotoGPでもっとも目立つ選手のひとりだった。トレードマークは大柄な体格と長い手足。物議を醸すことをいとわない率直過ぎる発言も、メディアに数々の話題を提供した。そしてなによりも、モフモフとしたアフロスタイルの金髪で、一際目立つ個性と存在感を放っていた。

続きを見る

関連記事(外部サイト)