ローズSは急成長を見込める2頭に期待。「良血」の底力を発揮する

◆『みんなのKEIBA』MCの堤礼実アナフォトギャラリー

 9月20日、中京競馬場で「秋華賞トライアル」のGUローズS(芝2000m)が行なわれる。


オークス11着からの巻き返しを図るデゼル

 今年の3歳牝馬3冠戦線には、無敗の2冠馬デアリングタクトという絶対的な存在がいるが、前哨戦には出走せずにGTオークスからGT秋華賞への直行が予定されている。今回のローズSは、同馬への挑戦権をかけたレースとも言えるだろう。春の時点ではデアリングタクトが圧倒的な強さを誇っていたとはいえ、3歳夏〜秋はサラブレッドが大きく成長する季節でもあり、牙城を崩す馬が出てきても不思議はない。

 過去、3歳の夏を越して急激な成長を遂げた馬は多数いた。2016年の秋華賞馬ヴィブロスもそう。3歳春にはGVチューリップ賞12着、GVフラワーC12着と重賞では大敗が続いたが、4カ月の休養を経て出走した7月の500万下戦で、2着に4馬身差をつけて圧勝。その後、9月のGV紫苑S2着を経て、10月の秋華賞を制した。

 ヴィブロスのポイントは"良血"であるということ。全姉ヴィルシーナはGTヴィクトリアマイルを連覇した馬で、半兄シュヴァルグランも2016年3月にGU阪神大賞典のウィナーになっていた(のちにGTジャパンCを勝利)。良血馬は時に、短期間で急激な成長を遂げたり、大舞台で底力を発揮したりするのだ。

 今年のローズS出走馬にも、それに当てはまりそうな馬がいる。まずはデゼル(牝3歳/栗東・友道康夫厩舎)だ。

 同馬は今年3月15日のデビュー戦(阪神/芝1800m)を快勝すると、続くLスイートピーS(東京/芝1800m)では上がり3F32秒5と驚異の瞬発力を見せ豪快に差し切り。だが、次走のGTオークス(東京/芝2400m)は2番人気に推されながら11着に敗れた。

 敗因としては、2戦というキャリアの少なさ、中2週という厳しいローテーションなどが挙げられる。馬体重もデビュー戦の472kgから468kg、460kgと2戦連続で減少しており、万全の状態ではなかったのだろう。オークス後はリフレッシュ休養し、順調に調整が進んでいるようだ。

続きを見る

関連記事(外部サイト)