渋谷のビーチバレーコートから東京五輪へ。驚異のアラフィフ西村晃一が目指す道

ビーチバレーの現役レジェンド
西村晃一インタビュー 後編 前編から読む>>

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間は、多くのアスリートがトレーニングの方法や、練習場所の確保に四苦八苦した。砂の上での練習ができなくなるビーチバレーの選手も大きな打撃を受けたようだが、西村晃一(WINDS)はその期間も充実した練習ができたという。

 というのも、西村が代表取締役を務める株式会社ウィンズが東京都港区に保有するビル「WINDS BLD.」の地下が、砂が敷き詰められたスペースになっているからだ。西村はそこで、1日も欠かさずに砂の上でのトレーニングを行なった。


「WINDS BLD.」地下の、砂が敷き詰められたスペース(WINDS提供)

 このジムができたのは2017年だが、まるで今年の危機を予知していたような絶好の環境づくりだった。その点について、西村は次のように話す。

「ここは一般開放したトレーニングジムではなく、自分自身がオリンピックのために、効率よくトレーニングができるように作ったんですよ。よく『この時(コロナ禍)のためにジムを作ったかのようですね』と言われるんですけど、もちろん予知ではなく偶然です」

 おかげで自粛明けの練習では、体を動かせなかった若手選手たちが状態を戻すのに苦労する中で、自身はいつもどおりのプレーができたという。

 西村は今年で47歳。インドアで日本代表としてプレーしていた時代よりも「ジャンプ力だけはさすがに落ちたかも」としながら、「瞬発力、スピードはまったく落ちていません。50mのタイムは、今でも5秒台を計測しています」と、衰え知らずの身体能力について明かした。

「砂の上での練習では、足場が悪い中での切り返しや、太いチューブを腰に巻いて引っ張ってもらって負荷をかけながらダッシュやジャンプをするなど、トレーニングで心拍数を200くらいまで上げるようにしています。(試合本番は)暑さや疲労できつくなると思考力が落ちるので、そうならないように普段から苦しいトレーニングをしているんです」

続きを見る

関連記事(外部サイト)