鍵山優真が羽生結弦、宇野昌磨を追う筆頭。全日本へ向けてさらに成長


NHK杯フリーの鍵山優真。GPシリーズ初優勝を果たした

 11月下旬に開催されたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦のNHK杯。鍵山優真のショートプログラム(SP)は、うれしさと悔しさが入り交ざるものになった。

 前戦の東日本選手権のSPは、冒頭の4回転サルコウの着氷でリズムを崩し、自信を持っていた4回転トーループもパンクして2回転になった。さらにトリプルアクセルはステップアウトと、思わぬミスが続いて71.72点の悔しい結果だった。

 だが、今回は最初の4回転サルコウ+3回転トーループをしっかり決めると、次の4回転トーループも3.61点の加点をもらうジャンプとし、完璧な滑り出し。

「前半のジャンプは練習どおり。特に3回転トーループは練習よりうまく跳べて、自己評価で満点に近いジャンプができました」

 鍵山がそう振り返った序盤の滑りに、関東選手権で出した98.46点を上回る高得点への期待が膨らんだが、前半の成功が後半のトリプルアクセルへの気持ちを変化させてしまった。トリプルアクセルはもともと苦手意識があったジャンプで、鍵山は「前半でいけると思い過ぎて、慎重になってしまった。いつもなら1・2・3のタイミングで跳ぶところを、今回は構えの時間が長くなって、体を巻き込んだ跳び方となり抜けてしまった」と反省した。

続きを見る

関連記事(外部サイト)