小籔千豊がフォートナイトにどハマり。「はよ息子寝ぇへんかな」


わかる人にはわかるフォートナイトの「プンプン」

 47歳の「おじさん」が、ポップな見た目のeスポーツにハマる――。ゲームが身近になった昨今では珍しいことではない。だが、「おじさん」がゲームをプレーするYouTubeチャンネルに10万人以上の登録者がいるとなれば話は別だ。

「フォートナイト下手くそおじさん」という名のそのチャンネルは、吉本新喜劇の座長を務める小籔千豊さんが2020年2月に開設した。『フォートナイト』は基本無料でスマホ、PC、家庭用ゲーム機など様々なデバイスでプレーできる三人称視点(操作しているキャラクターの姿が見える)のシューティングゲームだ。昨年、海外のeスポーツ大会で16歳のプレーヤーが優勝し、3億円超の優勝賞金を獲得したことで大きな話題となった。

 今なお多くの人々の心を掴んでいるフォートナイトの魅力はどこにあるのか。小籔さんに「下手くそ」でもプレーを続けられた理由や、YouTubeチャンネル開設の意図などを聞いた。

インタビュー後編『小籔千豊はフォートナイトで親子関係良好。仕事の集中力もアップ』>>

――フォートナイトに触れたのはいつ頃ですか。

 フォートナイトにハマったのは今からだと大体2年くらい前ですかね。子供の頃はめっちゃゲームが好きやったんですよ。おじいちゃん、おばあちゃんに甘やかされて育ったんで、家にはファミコンのソフトが200本以上ありました。高校くらいからは少しずつゲーム欲が落ち着いてきたんですけど。

――200本はすごいですね。高校以降はゲームをやらなくなったということですか。

 そうですね。でも、若手芸人の時にまたハマりまして。その時はコーエー(現:コーエーテクモゲームス)のゲームなどをようやってました。『三國志』『信長の野望』『蒼き狼と白き牝鹿』『大航海時代』あたりですかね。コーエー以外やと『大戦略』『A列車でいこう』とか。あとスポーツゲームだと『パワプロ(実況パワフルプロ野球)』『ウイニングイレブン』『ダビスタ(ダービースタリオン)』、ほかにも『桃鉄(桃太郎電鉄)』やお相撲さんを育てるゲームとかもやっていましたね。

続きを見る

関連記事(外部サイト)