吉田祐也が語る自身と陸上界のプラチナ世代「箱根だけにとらわれていない」

 2021年元日に行なわれたニューイヤー駅伝、ゴールした吉田祐也は疲れた表情を見せ、肩を落とした。

 吉田が所属するGMOインターネットグループは昨年の同レースで5位と躍進。選手が力をつけ、戦力が充実した今大会は優勝が目標だった。3区で渡邊利典がトップに立ち、目標達成への期待が膨らんだ。

 だがその後はズルズルと後退し、7区のアンカー・吉田が襷(たすき)を受けた時は10位。トップの富士通とは3分43秒もの差が開いていた。

「襷をもらった時は、前を追いかけるのも無理だし、8位入賞を狙うしか勝負できないなって思っていました」


初めてのニューイヤー駅伝でGMOのアンカーを務めた吉田祐也

 9キロ地点からヤクルトの高宮祐樹、そして昨年の箱根駅伝でチームメイトとして襷を受けたSGホールディングスの鈴木塁人の3人で8位集団を形成した。

 吉田は後方にはつかず、あえて前に出て、引っ張った。前で走ると後ろの選手より体力を使う。しかもこの日は冷たい北風が体を押し戻すほど吹いていた。勝負に徹するなら、前には出ず、高宮や鈴木をうまく利用する策もあったはずだ。

「たしかに、風が強いのでむやみに前に出ないほうがよかったかなというのは反省しています。でも、人を使ってというのは、僕個人としてはあまり望ましくないですし、そういうレースをすると今後につながらないと思うんです。勝ち切ることは大事ですけど、今回のようにきつい展開になっても勝負していく姿勢を見せたほうがいいかなと。結果は、競り合いに負けたし、区間順位(25位)も悪かったので仕方ないですけど、そういうレースをしたことに後悔はないです」

 吉田はキッパリとそう言った。

 レースはラスト、群馬県庁に向けて直線になると吉田がラストスパートをかけた。

「ためていました。その前に2回ほどラストスパートをかけたんですけど、風があったこともあってうまくいかなくて。それで前に出たり、中に入ったり......そういうところで体力を使ったのもよくなかったですね」

続きを見る

関連記事(外部サイト)