羽生結弦が見せた新たな一面。2017年世界選手権での劇的な大逆転優勝

『羽生結弦は未来を創る〜絶対王者との対話』
第X部 プログラムの完成(7)

数々の快挙を達成し、男子フィギュアスケートを牽引する羽生結弦。常に挑戦を続ける強靭な精神力と自らの理想を果敢に追い求める情熱を持つアスリートの進化の歩みを振り返る。世界の好敵手との歴史に残る戦いや王者が切り拓いていく未来を、長年密着取材を続けるベテランジャーナリストが探っていく。


2017年世界選手権で『ホープ&レガシー』を演じる羽生結弦

 前年11月に右足首を痛め、2018年2月の平昌五輪はぶっつけ本番となった羽生結弦。それでも、冷静に"今できること"を見極めて、2連覇を果たすことができたのは、『バラード第1番』と『SEIMEI』という、羽生結弦そのものを表現できると信じるプログラムがあったからこそだ。

 そのふたつのプログラムの表現への意識をいっそう洗練させることができたのは、前シーズンに演じたフリーの『ホープ&レガシー』で、"らしさ"の表現に臨んだ経緯にあった。

『ホープ&レガシー』は羽生が「曲を感じるままに表現できたらいい」と話していたプログラム。16年夏、羽生はこう話していた。

「去年(15年)の『SEIMEI』を含め、『バラード第1番』やエキシビションの『天と地のレクイエム』は、それ以前にやっていたものとはまったく違うジャンルで、違った風景があるものでした。そのすべてがいろいろと考えるきっかけになった。特にどのようにメリハリをつけながら表現すれば伝わるかということを非常に意識しました。

 そのうえで、今季(2016ー17シーズン)のフリー(『ホープ&レガシー』)は曲からではなく、テーマから入ろうと思って考えました。その中で、15年のショートとフリー、エキシビションを全部合わせたら、もっと気持ちよくできるだろうなと思って。そうして行き着いたプログラムです」

続きを見る

関連記事(外部サイト)

×