「ランバード=走る鳥」ではない!? ミズノのロゴを生んだ星のきらめき

アスリートのみならず、日本国内で生活していれば一度は目にしたことがあるであろうミズノのランバードマーク。その名前から「走る鳥」をイメージしたものだと思われがちだが、実はまったく異なるものがアイディアの元となっているという。ブランド戦略コンサルタント・村尾隆介氏が教えてくれました。

※本記事は、村尾隆介:著『ミズノ本 -世界で愛される“日本的企業”の秘密-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■かつての「Mライン」が使えなくなった理由

ミズノのシューズにデザインされている〈ランバードライン〉。現在、ブランドを象徴するマークとしてすっかり定着していますよね。

でも、実はそれほど歴史的に古いわけではありません。1970年代のミズノのシューズは、モデルによってラインのデザインがバラバラ。統一感がありませんでした。特に海外展開をしようと外国人と商談を進めると、その統一感のなさを指摘されることが多かったといいます。それが段々と「シューズの両サイドにM」で揃いはじめ、1980年代には通称〈Mライン〉が国内外でミズノのアイデンティティとして定着しました。

また、こんなこともありました。〈Mライン〉とは、また異なる「ミズノのM」をシューズの側面につけたところ(モノグラムMという意匠)、なんとアディダスが「うちの3本ラインに類似している」と指摘。欧州特許庁がそれを認め、欧州での販売は禁止となったのです。

▲栄光を支えるMラインスポーツシューズ 出典:『ミズノ本』(小社刊)

こうした経験から、新たに「世界で統一したミズノのシューズにデザインするラインを考えよう」というプロジェクトが起ちあがりました。

アイデアはいっぱい出ましたが、実はスポーツシューズに入っているラインというのは、単にデザインや差別化のためのものではなく、シューズ自体の補強や伸びてしまうことの防止など、形を保つことに用いられるものなのです。

それがゆえに、スニーカー愛好家には知られていますが、各スポーツブランドのシューズの側面に入ったラインは「フォームストライプ」とも呼ばれています。

補強という観点で考えると、どうしてもデザイン案は似たり寄ったりになりがち。このプロジェクトでも180個ものアイデアがボツになりました。

■デザインの着想は「惑星の軌道」だった!

このプロジェクトの期限であった「1983年までに」は、すぐそこに迫っていました。二代目社長・健次郎さんは、子ども時代から大好きな天体観測を趣味としていました。初代社長である父の利八さんは「健次郎、星は何億年も光を失わずに輝いている。それに比べれば、人間の一生は短いもんや。星を見ていると人の気持ちが大きくなるで」といって、双眼鏡を買ってくれたといいます。

日々、宇宙を見つめていた健次郎さん。ある日、次のようなひらめきを得ます。

「宇宙には無限の広がりがあって、エネルギーを蓄えて発している。惑星は、自らのエネルギーで無限に軌道をまわっている。スポーツも、そんなふうにどんどん広く普及していってほしい。ミズノも力を蓄えて、発揮していけるように」

――惑星の軌道! このキーワードがチームにインスピレーションを与え、この「新たなるミズノのシューズのラインを考える」というプロジェクトのコンセプトが固まっていきます。

それが今日、街を歩けばすぐに見つけることができる、あのミズノのシューズのラインです。シューズに配置してみると、鳥が疾走しているようにも見えました。そこで「ランバード」という愛称も生まれました。

でも、それはあくまでも後からつけた名前であって、もともとは健次郎さんが言った「惑星の軌道」という言葉から誕生したデザインだったのです。

そして、これを読んで「あれ? でも〈ランバード〉って文字としてのロゴも実際あったし、あれも1ブランドとして存在していなかったっけ?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。あなたは相当なミズノウォッチャーです! 

そう、その後〈ランバード〉はミズノのシューズを軸に、ウェア類も展開するブランド名となり、たしかにそのロゴも存在していました。現在そのブランドはありませんが、ミズノのシューズをつくる専門の工場は、今も〈山崎ランバード工場〉と名前がついています。

ちなみに、あのランバードのラインも時代と共に微妙に変化しています。よりシャープに進化しているのですが、これが見分けられたら、もはやミズノマニアです。

▲ランバード比較 出典:『ミズノ本』(小社刊)

関連記事(外部サイト)