三沢光晴が今もファンの心の中で“至高”の存在である理由

どんな状況下でも、大口を叩かず、弱音を吐かず、愚痴も言わず、大上段に構えることなく自然体で、さり気なく命懸けのプロレスをやってしまうのが、三沢光晴というプロレスラーだった。早いもので、2021年に13回忌を迎えたが、プロレスファンのなかでは、その存在は輝きを増すばかりである。果たしたその理由はどこにあるのか?

プロレスを敬愛するライター・ジャスト日本氏が、三沢光晴のプロレスをさまざま関係者の証言から分析・検証した『至高の三冠王者 三沢光晴』(小社刊)から、その理由を紐解く。そこには“プロレスティーチャー”小佐野景浩氏にしか書けない、青春時代の三沢光晴の姿が克明に描かれていた。

▲三沢光晴がリング上で見せてくれた激闘の数々を忘れることはないだろう

■なぜ私たちは三沢光晴に魅了されたのか?

NewsCrunchをご覧の皆様、はじめましてジャスト日本です。私はプロレスやエンタメを中心にさまざまなジャンルの記事を執筆しているライターです。2017年に電子書籍『俺達が愛するプロレスラー劇場Vol.1』(ごきげんビジネス出版)、2018年に『俺達が愛するプロレスラー劇場Vol.2』(ごきげんビジネス出版)を、2020年には初の単行本『インディペンデント・ブルース』(彩図社)を上梓しました。

私がプロレスファンになったのは1992年4月。当時11歳だった私は、新日本プロレスVS誠心会館の異種格闘技戦をテレビで見て衝撃を受け、その激しい戦いに引き込まれていった。当時、地上波で放映されていた新日本プロレスと全日本プロレスのテレビ中継を録画するようになると、一気にプロレスという摩訶不思議なジャンルと、プロレスラーという超人たちの虜となった。

新日本では、圧倒的な華と驚異の身体能力を誇っていた“天才”武藤敬司のファンとなり、全日本では、当時“超世代軍の旗手”と呼ばれていた三沢光晴が大好きになった。そこから2009年に急逝するまでの17年間、私は三沢光晴のプロレスに魅了されてきた。

そんな三沢光晴のスゴさとは何か? 私はプロレスラーとしてのスゴさ、人間としてのスゴさという2点に分類されると考えている。

三沢は「不世出の天才プロレスラー」と呼ばれている。投げ技・飛び技・関節技を自由自在に使いこなし「心・技・体」を併せ持った稀代のオールラウンダーであった。

「受け身の天才」とも称され、どんな対戦相手でもその特徴・長所を十分に引き出し勝利し、幾多の王座を獲得し、名勝負を量産してきた。

また、その洗練されたテクニックは教科書どおりの基本を習得し、そこにアレンジを加えオリジナル・ムーブにまで昇華されている。特にエルボーというシンプルな打撃技を、さまざまなバリエーションと強烈な威力で、代名詞となる「必殺技」にまで昇華してみせたプロレスセンスは天下一品である。

2代目タイガーマスク時代には、飛べる日本人ヘビー級戦士という未知の領域を開拓したことも、後世のプロレス史における大きな功績と言えるだろう。

▲2代目タイガーマスク時代には子どもたちに夢と希望を与えてくれた

■人事を尽して天命を受け止める三沢の生き様

プロレスラーとしても超一流ならば、指導者としても彼はスゴかった。ジャイアント馬場亡きあとの全日本プロレス社長に就任。のちにプロレスリング・ノアを旗揚げすると、経営者としても辣腕を振う。

2004年と2005年には東京ドーム大会を大成功に導き、ノアを業界の盟主に押し上げたのは、その人徳とリーダーとして統率力にあった。2009年7月4日に東京・ディファ有明で行われた「三沢光晴お別れ会」において、徳光和夫さんの弔辞が彼の人間としての大きさを象徴している。

「君ほど私利私欲を考えずプロレス界のために、人のために尽くした人はいないと思います。君は常に自分より恵まれない人、そういった人に目を向け、手を差し伸べてこられました。怪我をしてリングに上がれなくなったレスラーに、スポーツトレーナーとしての道を歩ませるために学校に通わせたり、レスラーのための生命保険づくりにあたったり、筋の通らないことをすると、電話をしてその者を叱ったり、決して大きなこと大言壮語を吐くことなく、相手のことを思い、的確なアドバイスをしてくれたという声が、あちこちから聞こえてきます」

全日本時代には、他団体のレスラーが初参戦するときは率先して声をかけたり。まだプロレス会場にメディア関係者の女性が皆無だった時代、会場に訪れた女性記者が自然に接して取材に入りやすい雰囲気を作っていたという。自分のためではなく、目の前で困って苦しんでいる誰かのために、火中の栗を拾い、決起して人事を尽して天命を受け止めるのが、三沢という男の生き様だった。

▲激しい試合の代償は大きかったかもしれないが、三沢が弱音を発したことはない

■小佐野景浩氏だから書けた『至高の三冠王者 三沢光晴』

三沢に関連した書籍は、これまでも数多く刊行されてきた。自伝、己のプロレス論をテーマにした本、サイトで掲載していたざっくばらんな日記をまとめた自著をはじめ、フリーライターや妻によるノンフィクションなど、そのバリエーションは豊富である。

そして13回忌を迎えた2021年12月に発売されたのが『至高の三冠王者 三沢光晴』である。著者は元・週刊ゴング編集長であり、現在はライターやテレビのコメンテーターとして活躍する小佐野景浩氏だ。

“プロレスティーチャー”と呼ばれる小佐野さんの作品ならば、そのクオリティーは読む前から保証済みである。小佐野さんが書かれた記事は、知識量と客観的視点、物事を伝える的確さが圧倒的だ。

レスラーや関係者には「小佐野さんが書くなら、ここまで言える」「小佐野さんになら、なんでも話せる」という厚い信頼があり、その深い関係性はきちんと読み手に還元されている。

じつは、私はもともと『週刊プロレス』の読者だったため、少年時代は小佐野さんの記事を読んだことは少なかった。しかし、2002年に運命的な出会いを果たす。それが日本スポーツ出版社から発売された『天龍同盟十五年闘争』だ。

この本を読んでから、私は小佐野さんのファンとなった。元週刊プロレス記者である市瀬英俊氏の著書『夜の虹を架ける』、小島和宏氏の著書『憧夢超女大戦 25年目の真実』も読んだことがあるが、いずれも記者の主観が強めに味付けされている印象を受けた。これこそが“週刊プロレスイズム”……というより、市瀬氏と小島氏の上司だった、週刊プロレス編集長ターザン山本氏のイズムそのものなのかもしれない。

その一方で、元・週刊ゴング編集長である小佐野さんの文章表現は、物事の事実や史実を伝えることを優先しており、自身の主観は極力省き、写実的に文章を書くことを念頭に置いている印象が強い。そこには長きにわたる取材で蓄積されたデータベースもあり、物事の本質を丁寧に伝えるという手法こそが、“週刊ゴングイズム”ではないかと思う。

▲週刊ゴングが熱闘をどのようにレポートしたかも見えてくるはずだ

■「三沢光晴」という名前をこの世に残したい

2020年に『永遠の最強王者 ジャンボ鶴田』という“最強”の大作を執筆した小佐野さんにとって、三沢光晴をテーマにした本は“至高”の大作と言えるかもしれない。三沢とはプライベートでも交友関係があったという小佐野さんは、三沢について次のように本の中で綴っている。

「大口を叩かず、弱音を吐かず、愚痴も言わず、大上段に構えることなく、自然体で、さり気なく命懸けのプロレスをやってしまう三沢光晴は、取材対象として最高にカッコいいプロレスラーだったし、仕事を超えて尊敬の念を抱いた人物でもあった」
【『至高の三冠王者 三沢光晴』「はじめに」より】

▲常に命懸けの試合を見せてくれた三沢光晴にファンは熱狂した

『永遠の最強王者 ジャンボ鶴田』には、今でも根強い“日本人レスラー最強説”が謳われている鶴田の権力に背を向けた、その人間像に迫るという壮大なテーマがあった。では『至高の三冠王者 三沢光晴』は、どんなテーマで描かれているだろうのか。

「本書は、純プロレスを貫き、プロレスファンを魅了した、三沢光晴を分析・検証するものである。それは“三沢光晴”というフィルターを通して、80年代、90年代の全日本プロレスを描くことでもある。また、三沢の一生涯を描くのではなく、あえて1998年5月1日の東京ドームにおける川田利明戦までに焦点を絞った。なぜかは最後まで読んでいただければご理解いただけると思う」
【『至高の三冠王者 三沢光晴』「はじめに」より】

幼少期と足利工大附属レスリング部のエピソードを丁寧に掘り起こし、全日本プロレスの若手時代から2代目タイガーマスクを再検証し、超世代軍と四天王プロレス時代を深く考察する――まさに三沢光晴の青春期を追ったノンフィクションであり、敢えて1998年5月1日の川田利明戦までに絞ったところに、小佐野さんが自らに課した三沢本のテーマが浮かび上がってくる。

どのような証言が出てくるのか? 小佐野さんが、プロレスに殉じた三沢の強靭な心と生き様を、どこまで解き明かすことができたのか? また、なぜタイトルが『至高の三冠王者』なのか? その答えは本を読んで確認してほしい。「小佐野さんの作品に外れはない」という安心感を持って読み進めてほしい。

「三沢光晴という名前をこの世に残したい」

プロレスラーになる以前、三沢が抱いていたこの大志は鮮やかに叶った。そのプロレスと人間性に魅せられたファンは世界中にいて、これからも彼のプロレスに出会う人間はあとを絶たないはずだし、三沢光晴が今もファンの心の中で“至高”の存在である理由を知ってほしい。

現在の世の中はネット社会。松田優作やブルース・リーのように、三沢光晴の功績や伝説は国境も時代も越えて「永遠の神話」として伝承されているし、『至高の三冠王者 三沢光晴』は神話を後世に残す伝記そのもの。プロレス界の英雄は、たとえ目の前にいなくても、その不屈の魂や生き様はこれからもこの世に息づいていくだろう。

▲本の中には小佐野氏しか知り得ないエピソードも描かれている

ジャスト日本(じゃすと・にほん)
プロレスやエンタメを中心にさまざまなジャンルの記事を執筆。2019年からなんば紅鶴にて「プロレストーキング・ブルース」を開催するほか、ブログやnoteなどで情報発信を続ける。著書に『俺達が愛するプロレスラー劇場Vol.1』『俺達が愛するプロレスラー劇場Vol.2』『インディペンデント・ブルース』。Twitterアカウント: @jumpwith44?

〈ジャスト日本〉

関連記事(外部サイト)