デビュー戦の相手を務めた越中詩郎が体感した三沢光晴の才能

「さりげなく命がけという生きざま」をリングで見せてくれた三沢光晴。昨年、そんな彼のノンフィクション大作を上梓した元『週刊ゴング』編集長の小佐野景浩氏が、幼少期、アマレス時代、2代目タイガーマスク、超世代軍、三冠王者、四天王プロレスを回顧しつつ、三沢の強靭な心をさまざま証言から解き明かす。今回登場するのは、“やってやるって!”のド根性ファイトで人気を誇る越中詩郎氏。彼から見た全日入門後の三沢はどんな人物だったのか。

■わずか入門5か月で正式デビュー!

1981年3月に全日本プロレスに入門した三沢光晴がデビューしたのは81年8月21日、浦和競馬場前駐車場特設リングにおける『スーパー・アイドル・シリーズ』第2戦である。今では新人のデビュー戦が事前に発表されるのは当たり前になっているが、当時はテレビマッチの前日や翌日など、マスコミがあまり来ない会場が、一介の新弟子からスタートした選手のデビュー戦の舞台だった。三沢が知らされたのは試合前日だったという。

「まあ、バトルロイヤルには、入門して3か月ぐらいから出てたけど、それはほら、ただ先輩に投げられるだけだからさあ(苦笑)。前の日に馬場さんに“試合できるか?”って言われて“できません”とは言えないから“はい”って答えたら“そうか”のひとことだけ。デビューが近いのかなあと思ってたら、次の日のパンフの取り組みのハンコに、俺の名前があったんだよね(苦笑)」(三沢)

当時の全日本は、昔の日本プロレスと同じようにバトルロイヤルを経験させたうえで、シングルマッチで正式デビューするというシステムだった。このバトルロイヤルを経ての正式デビューについて、三沢の3年先輩で世田谷区砧(きぬた)の合宿所にて苦楽を共にした越中詩郎は「俺のときは、(グレート)小鹿さんがカードの中に一生懸命バトルロイヤルの枠を作ってくれたんだけど、三沢がデビューする頃にはグッと減っちゃったんだよね。

まあ、先輩たちにボコボコにやられてゴミ屑みたいなもんなんだけど(苦笑)、シングルでデビューする前のバトルロイヤルは練習とは違って、お客さんの前でやる度胸がつくし、俺はけっこう助かりましたよ。で、バトルになると中堅の人たちも出てきて、そうした人たちの技の重さとかを体で知ることができて貴重でしたね」と語る。

78年7月に入門した越中は、2か月後にバトルロイヤルに出場して、入門8か月後の79年3月5日の館山市民センターにおける薗田一治(ハル薗田)戦でデビュー。80年4月に入門した後藤政二(のちのターザン後藤)もバトルロイヤルには入門3か月で出ているが、正式デビューは81年2月19日の福島・霊山町民体育館における越中戦だから、11か月もかかっている。三沢の5か月での正式デビューは異例の早さだったのだ。

そんな三沢のデビュー戦の相手を務めたのは越中だった。越中は後藤のデビュー戦の相手も務めたが、さらに三沢がデビューすることをうれしく思っていたに違いない。

▲越中と三沢の激闘は全日本プロレスの前座を大きく変えた(1983年4月14日)

■デビューで三沢の技と気持ちをしっかり受け止めた越中

20歳の誕生日を目前にした、78年7月に全日本に入門した越中の環境は過酷だった。当時の全日本の若手は三羽烏と呼ばれた大仁田厚、渕正信、薗田の3人だけで、すぐ上の薗田でも4年先輩、大仁田と渕は5年以上も先輩だったから、新日本のように「若手同士で切磋琢磨する」という環境ではなかったのだ。

「すぐ上の先輩が大仁田さん、渕さん、薗田さんなんだけど、キャリアで5年の開きがあったからね。あの頃は上下関係が厳しい時代で、5年先輩たちの下にポンと俺が置かれてて。だから愚痴をこぼしたくても仲間がいない。“ツラいなあ”ってこぼせる相手が誰もいなかったんで。5年違ったら、敬語を一生使わなきゃいけないぐらいのキャリアの差だよね。

大仁田のおっさんなんか、戦うときに“この野郎!”って言うと“あれっ?”なんてビックリしたような顔するもんね。大仁田のおっさんにしたら、いまだに“俺は中学出てすぐに全日本に入って5年も6年も先輩なのに、なんだよ、それは!?”っていう感じなんでしょうね(苦笑)。

その前も何人か入門希望者は来てるんだけど、夜逃げ同然でいなくなっていたんですよ。だから後藤と三沢が入ってきて、残ってくれたのは本当にうれしかったなあ(笑)。ずっと一番下っ端でこき使われていたのが、全部が全部じゃないけど、今までひとりで抱えていたものが3等分になるわけだから“ああ、楽になるなあ”っていうのはありましたね(笑)」と越中は笑う。

同期がいないから、道場の練習では休む間もなく先輩たちに可愛がられ、試合ではもちろん太刀打ちできずに、いいようにやられる日々。三羽烏が海外武者修行に出てしまった以降の80年10月の『ジャイアント・シリーズ』から、81年2月19日に後藤のデビュー戦の相手を務めるまでの4か月間は、三羽烏より年上でベテランの百田義浩、百田光雄、ミスター林の3選手との対戦のみだったのだ。越中の初勝利は後藤のデビュー戦だから、2年間負けっぱなしだったことになる。

越中の環境が激変したのは三沢が入門した3月〜4月の『チャンピオン・カーニバル』からだ。中堅の上位クラスのロッキー羽田(はた)、カーニバル本戦に出場しているキラー・ブルックス、ジ・アベンジャーらの外国人とシングルで対戦するチャンスを与えられたり、グレート小鹿と組んでプリンス・トンガ(キング・ハク=ミング)&佐藤昭雄(あきお)、トンガと組んで石川敬士(たかし)&佐藤、シングルでも伊藤正男、佐藤、羽田、石川、大熊元司(もとし)、小鹿らの中堅クラスと対戦するなど、序列を崩したカードが組まれるようになったのである。

続く6〜7月の『スーパー・パワー・シリーズ』では、小鹿&大熊の極道コンビからアジア・タッグ王座を奪取したばかりのケビン&デビッドのエリック兄弟と佐藤のパートナーとして対戦するチャンスも与えられた。

この変化は、佐藤が全日本の現場を預かるブッカーになったからだ。この時代の前座の在り方を変えた佐藤の功績は大きい。佐藤の方針で、ようやく中堅クラスとも対戦できるようになって張り切る越中は、デビュー戦の三沢をしっかりと受け止め、5分6秒、片エビ固めで勝利した。

▲越中とのタッグチームも会場を大いに盛り上げた

■三沢の天才的なところはなんでも対応しちゃうところ

「三沢って、練習では別に目立たなかったんですよ。飛び抜けた何かがあったわけじゃないんだけど、いざ試合をやらせてみたら“教えなくてもプロレスのイロハを全部わかっているなあ”って。だから試合内容とか、俺がなんで勝ったかは憶えてないけど、すごく楽だったことは憶えてますよ。楽って……それはいい意味でね。

普通の選手だったら、教えることがたくさんあるじゃないですか。彼には何もなかったような気がするね。きっと試合が組まれるまでの新弟子の時代に、自分で勝手にセコンドなんかで頭に入れてたんだろうね。普通、わかっていても体って動かないんだけど、そこは高校時代にレスリングで培ったものなのかなって思いましたね」(越中)

三沢本人はデビュー戦の思い出をこう語っていた。

「あの当時、夏場の試合はほとんど屋外だったからね。会場のことは憶えてるよ。なんだか、議員さんの部屋みたいなのが控室だったんだよね。でも会場を見渡すほどの余裕はなかったよ。いきなり試合が組まれていて、心の準備もできていなかったから、試合では何をやったかも憶えてないんだけど“お客さんの前で試合をする”っていうのは意識していたよね。で、試合が終わって“これで俺もレスラーだって胸を張って歩けるな”と思ったことは憶えてるよ。試合には負けたけど、それはうれしかったよ」

その後、ふたりのシングルは前座の黄金カードになっていくが、越中は当時の三沢との試合について「あの試合の流れっていうのは、もう2人の感性ですよ。三沢の天才的なところは、なんにでも対応しちゃうっていうか。全日本っていうのは、馬場さんとかトップレスラー、ベテランの選手のファンばっかりだったのが、三沢と試合をすることで変わってきているっていう手応えはありましたね。

それも“このままの状態だったら、全日本は続かないよ”って感じて、変えようとした昭雄さんのおかげですよね。一生懸命雑用をやったり、試合をやったりしても日が当たらなかったのが、昭雄さんが来てくれてガラッと変わりましたね」と言う。

なお、デビュー当時の19歳の三沢は、理想のレスラーや目標をこう語っていた。

「見ていて面白いし、自分の体が小さいせいもありますけど、僕はメキシカンみたいなスタイルが好きですね。やっぱりメキシコに行ってみたいです。マスクを被れと言われたら? あまり自分では被りたくないですけど“被れ!”と言われれば被ります。目標としては、僕は体が小さいんで、新日本プロレスの藤波(辰巳/現・?辰爾)選手みたいなジュニア・ヘビー級のチャンピオンを目指します」

なんとも初々しい答えだが、2年半後にはメキシコに行き、3年後にはマスクを被ってタイガーマスクになり、4年後にはNWAインターナショナル・ジュニア・ヘビー級王者になるのである。

▲フレッシュな戦いが評価され1982年度プロレス大賞新人賞を受賞!

※本記事は、小佐野 景浩?:著『至高の三冠王者 三沢光晴?』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。?

関連記事(外部サイト)