「スカウトに声かけられなかった」川尻哲郎の運命を変えたサイドスロー

「ノーヒットノーラン」。この言葉、野球に明るくない人でも、なんとなく“スゴいこと”として認識しているのではないだろうか。相手チームに1本のヒットも許さず、試合を成立させることで、100年に迫るプロ野球の歴史の中で、93回しか達成されていない記録である。

そんなノーヒットノーランを1998年に達成したのが、元阪神タイガースの川尻哲郎さん。暗黒時代と呼ばれた90年代後半のタイガースにおいて、3度の2桁勝利を記録するなど、ローテーションの中心として活躍した。

現在、川尻さんは東京・新橋で居酒屋「TlGER STADIUM」を経営。営業日は必ずお店に立ち、試合のある日はビジョンにゲームの模様を流しながら、来店客に解説を行っている。

プロ野球選手になれるのは、ほんのひと握り。その中でも活躍できるのはもっと少ない。輝かしい記録を残した川尻さんに「人生の土壇場」はあるのだろうか? そう問うと“いや、土壇場のほうが多かったな”と明かしてくれた。

▲営業日は必ずお店に立つという川尻さん

■同期は8球団が1位競合、その一方で川尻は・・・

川尻さんは1969年、東京都中野区生まれ。実家は酒屋を営んでいた。

「親父が草野球の監督をやっていて、それについて行ってたんで、小さい頃から自然と野球は近くにあったね。年上のおじさんたちのキャッチボールの相手をしたり(笑)」

小さい頃は野球に打ち込む日々。高校は日大二高に進学し、西東京大会で準決勝まで進むが、甲子園出場は果たせなかった。その後、亜細亜大学に進学する。

「今でこそスポーツはいろいろあるけど、当時は野球の時代だったからね。プロ野球選手になりたいなって漠然と思ってたけど、でも大学に行って、レベルの差をまざまざと見せつけられたかな」

▲当時を思い出しながら丁寧に答えてくれた

当時の亜細亜大学、川尻さんの同期には、ドラフト史上最多の8球団競合を記録した小池秀郎(元近鉄)、昨年スワローズを率いて日本一となった高津臣吾がいた。

「ちょっと見ただけでも俺よりスゴいなって選手がいっぱいいたから。大学のときも、小池、高津、その次の次、自分は4番手投手とかだったよね。客観的に見て、スピードがあるわけじゃない、小池を見たときに“ああ、こういう投手がプロに行くんだろうな”って素直に思ったし。与田さん(与田剛)も先輩でいて、あの方の場合は社会人(野球)にいってから覚醒して、プロから声がかかるわけだけど、大学のときも球の勢いが他の投手とは全然違った」

大学4年生になり、同期の小池がドラフト1位で8球団が競合(ロッテが交渉権を獲得するが、入団拒否)、高津もドラフト3位でヤクルトスワローズに指名された。その一方、川尻さんは……。

「ドラフトにかすりもしなかったね、だってスカウトから声をかけられたこともなかったんだから(笑)。どっかで諦めなきゃいけないっていうのはわかってたけど、とにかく野球が好きだったから、とりあえず納得がいくところまでは頑張ってみようと思って、社会人野球の日産自動車に進んだんだよね」

川尻さんの代名詞といえば、サイドスロー。多くの投手が上から腕を振るオーバースローで投げるのに対し、横から投げる彼の姿を憶えている野球ファンも多いだろう。この投法は野球を始めた頃からだったのか。

「いや、それこそ社会人に入ってからだね。社会人に入って2年目まではオーバースローだったんだけど、社会人野球をやってる人にとってメインとなるのは都市対抗野球。でも俺は2年になっても、そのベンチにすら入ってなくて」

3年や4年という明確な期限がある高校や大学と違い、社会人野球には期限がない。しかし、プロのスカウトが目をつけるのは社会人に入って2年目までと言われている。まさに土壇場だった。

「周りからは、2年目で惜しくもなんともない時点で“やめろやめろ”って感じだった。プロを目指す人にとっては、2年目までが勝負、というのが普通だったから。でも、ちょうどそのとき、1年の新入生が少なくて、それで野球部に残してもらったんだよね」

■サイドスローに変えて1年でドラフト候補に

まさに首の皮1枚で残った川尻さんのプロへの道。そこで、当時の監督とコーチから言われた「サイドスローで投げてみれば?」という言葉。これが彼の運命を大きく変える。

「チームにひとりでも右のサイドスローがいれば、相手チームに右バッターの強打者がいた場合ワンポイントで出せる。つまり、使い勝手がいいからね。社会人野球の都市対抗には“補強選手”っていう、勝ったチームが同じ地区予選で敗れたチームから助っ人を呼ぶことができる制度があるんだけど、変速投法の選手は他のチームからも注目されやすいし、都市対抗に出たらスカウトの目にも止まりやすい。チームのためになるし、プロに行きたい自分の最後の手段だよね」

右バッターにとって、右のサイドスローは球の出どころが見えにくく、打ちづらい。チームとしては、2年目までベンチにも入れなかった選手が少しでも使い物になったら、という考えもあったのかもしれない。

「でも、変えてすぐに自分の中で“あれ? いい球いってるな”って感覚があったんだよね。それは自分の中でも、せっかく変えたんだからとことんやらなきゃいけない、という気持ちもあったから、練習への取り組み方が変わったというのもあったと思う。けれど、サイドスローが自分に合っていた、というのは自信を持って言えるかな」

▲サイドスローが川尻さんの運命を変えたことは間違いない

サイドスローで投げ出したと同時に、これまでベンチにも入れなかった選手が、登板の機会に恵まれるようになり、日本選手権でチームは準優勝を果たし、川尻さんも敢闘賞を受賞する。社会人3年目のことだった。

「サイドに変えて1年もしないうちに、いろいろなことがガラッと変わったんだよね。全日本の代表にも選ばれて。自分の中でも、“あ、この球投げてたらプロにいけるかもしれないな”って感触があった。当時、社会人はまだ金属バットだったから、力だけじゃない、かわす投球術みたいなのも覚えたね。こういう投手、プロにもあまりいないんじゃないかな、とは思ってたな」

社会人4年目、大学のときは1球団も来なかったスカウトが、ほぼ全球団、川尻さんに会いに来たという。

「巨人、近鉄、中日、オリックス……。阪神以外にも熱心な球団は多かったけど、当時、日産では抑えをやっていて、ドラフトの前にサヨナラホームランを打たれたんだよね。それでいくつかの球団がトーンダウンして。その中でも最後まで熱心で見に来てくれてたのがタイガースだったから。タイガースのスカウトからは“他のスカウトが来ても「もう決めてます」って断ってくれ”って言われてたから、まあ声がかかるんだろうなとは思ってたけど、実際に指名された時はうれしかったね」

■マウンドでの味方は“ロジン”しかいない

晴れて川尻さんは、1994年のドラフト4位で阪神タイガースに入団する。同じ年のドラフトには城島健司(福岡ダイエーホークス ドラフト1位)や稲葉篤紀(ヤクルトスワローズ ドラフト3位)がいる。

プロに入った選手は、最初のキャンプで先輩選手たちを見て、自分とのレベルの違いに愕然とする、というのはよく聞く話だが、1年目から8勝をあげた川尻さんはどうだったのか。

「キャンプでブルペンに入って、周りに球に勢いがある人っていうのはもちろんいたけど、自分の納得がいくボールを投げられていたら、プロでもそうそう打たれないだろうっていう自信があったから、そこで愕然とするってことはなかったかな。25歳を過ぎてプロ入りしているし、ダメだったらすぐクビになる。ドラフトの順位関係なしに、即戦力というのを求められているから」

入団前の期待とは裏腹に活躍できない選手もいれば、ドラフトの順位は決して高くないが、活躍する選手もいるのがプロ野球の世界だ。

「自分は入団して、そこがスタートだと思ってた。言葉にすると当たり前のことに聞こえるんだけど、契約金もたくさんもらうし、プロに入った満足感、達成感ってすごいから、入団したところをゴールみたいに思っちゃう選手もいるし、その気持ちはよくわかるけど、俺は“ここからだ”って気を引き締めたね」

▲川尻さんが入団した1995年はタイガースにとって良い年とは言えなかった

1995年の阪神タイガースは球団創立60周年。1月に阪神・淡路大震災が起こり、満足に自主トレもできないチーム状況だったが、オープン戦は首位。しかし、シーズンに入るといきなり開幕5連敗を喫し、その後一度も勝ち越すことがないまま、前半戦で成績不振の責任を取り、中村勝広監督が休養。

その後、2軍監督の藤田平が監督代行を務めるが、最終的に首位から36ゲーム離されたぶっちぎりの最下位であった。そんなチームにあって、川尻さんはルーキーながらローテーションに入り、8勝をあげ、規定投球回数もクリア。新人にしては上出来すぎる成績を収めた。

「オープン戦で少し打たれちゃって2軍スタートだったんだけど、チームの状態があまり良くなかったのもあって、4月の終わりには1軍に呼ばれて、すぐ勝ち星がついて、そこからはずっと1軍に帯同できたんだよね。これは幸運なことかもしれないけど、プロ入りから引退まで技術的なことでコーチから直されたことがほぼなくて。そもそも、サイドスローを教えられる人って限られているから」

有望な選手であっても、監督やコーチの言うことを聞きすぎて、フォームを崩してしまって、本来の実力を発揮できぬままクビになるのはよく聞く話だ。

「その後も、直したいコーチから口うるさく言われたことはあったけど、本当に聞かなかったな(笑)。生意気って思われるかもしれないけど、プロで長く生き残っていくには、調子が上がらないのは体が疲れているだけなのか、それともどこかが崩れているのかを見極めること。なぜなら自分の体は自分が1番わかっているから。人に言われて直したとして、その直後は良くても、それが狂ったときに自分じゃ直せなくなっちゃう」

人の言うことは鵜呑みにしない、そんな川尻さんにも、大切にしている言葉がある。

「『マウンドでの味方はロジン(バック、滑り止め)しかいない』。これは、高校のときに読んだ江夏豊さんの本に書いてあったんだけど、本当にそうだなって思って。打たれたら叩きつけたり、けっこう雑に扱う選手も多いんだけど、僕は絶対にしっかり足元に置くようにしてた」

この言葉は、川尻さんにどんな効果をもたらしたのだろうか。

「ロジンを丁寧に扱う、それは自分が打たれたとしても冷静さを取り戻す、ひとつのルーティーンだったかもしれない。自分が完璧なフォームであれば、ピッチャーもそうそう打たれないし、バッターもいい成績を残せる。みんなそれができないのは、カッカしちゃって、いつものフォームでパフォーマンスできてないからだと思う。」

■ノーヒットノーランの当日は朝まで飲んでた!?

1995年は最下位だった阪神タイガース。1996年はそのまま監督代行だった藤田平が監督を務めたが、結果は2年連続の最下位。翌年以降も監督をやるつもりだった藤田の、途中休養から解任に至るまでのゴタゴタは「阪神お得意のお家騒動」と揶揄され、成績も振るわなかったことから良い印象をもたないファンも多い。

「藤田さんは昔気質の人で、よく思ってない選手もいたと思う。それこそ、1995年のオフに新庄が「センスがないので引退します」って急に言いだしたのも、藤田さんに正座させられたのが原因だし。でも俺は正直好きだったな、だって自分のことを使ってくれたから。プロ野球選手にとってみたら、どんなに人間性が合わなくても、使ってくれたら好きになるし、めちゃくちゃいい人でも干されたら嫌いになるし。そういうもんだと思う」

▲川尻さんの口から語られる選手の素顔はどれも魅力的だった

当時のタイガースは全てがバラバラだった。どんなに弱くてもある程度の観客は入るし、マスコミにも取り上げられる。強くしようと補強を球団に頼んでも、震災の影響でお金は出せなかった。そんな球団にとって、野球と阪神を愛するがあまり、全てに口出しし過ぎる藤田監督はフロント、選手両方から好まれていなかった。

「でもね。当時、山本晴三さんってトレーニングコーチがいたんだけど、俺たち選手に“お前らな、監督の悪口言ってるけど、あの人ああ見えて誰にも言わずに、選手が怪我しないようにって神社にお参りに行ったりしてるんだぞ”って。そういうことをひけらかしたりしないし、すごく不器用な方だったんだろうなって思うね」

97年は新監督に吉田義男を迎えて5位。しかし翌年の98年は、また首位から27ゲーム離されての最下位。8月には球団新記録となる12連敗を喫する。この年の希望といえば、2リーグ制以降の新人最高打率を記録した坪井智哉と、5月26日、倉敷マスカットスタジアムの中日ドラゴンズ戦で記録した、川尻さんのノーヒットノーランだった。

「この日は、前日にすごい深酒をしちゃって……ホテルに戻ったのは朝だったな。ホームでは登板前日はあまり飲まないんだけど、地方に行くとやっぱりね(笑)。ホテルにいてもやっぱりちょっと緊張してるのか眠れないし、だから飲もうと思って。あと、このちょっと前に深酒して登板したら結果が良くて、そのゲン担ぎもあったんだけど、まあ普通に飲みすぎて寝過ごしちゃったね(笑)」

当時のスコアを紐解くと、サードがハンセン、レフトがパウエルという、お世辞にも守備が良いとは言えない選手がスタメンに名を連ねる。

「たぶん、あまりその2人のところには飛んで来なかったんじゃないかな(笑)。でも、たしか三振が1番少ないノーヒットノーランなんだよね。李鍾範(リー・ジョンボム)から初回に取った1個だけだったと思うんだけど、すごく粘られたのを覚えてる。あと南渕(時高)さんが5番なのは、俺にタイミングが合ってたんだよね」

200勝投手でも、ノーヒットノーランをしたことがない投手はザラにいる。それだけ歴史に名が残る偉業を川尻さんはやってのけたわけだが、当時の思い出について聞くと、

「このお店でもよくこの試合を流してるし、自分でも聞かれることが多いから見返すことが多いんだけど、やっぱり回を追うごとに緊張してるなって思うね(笑)。東京ドームで練習してると、バックスクリーンのビジョンに、上田次朗さんが9回ツーアウトから長嶋茂雄さんにヒット打たれて、ノーヒットノーランを逃す映像が流れるんだけど、そのことを思い出してた(笑)」

最後のバッター、神野純一を外角に逃げるスライダーでショートゴロに切って取る。プロ野球66人目、77度目のノーヒットノーランだった。吉田監督は「今年初めてうちに春が来た」と喜んだ。

「この試合、2点取ってるんだけど、1点は新庄のタイムリー、もう1点は俺のスクイズ、けっこうバッティングも記憶に残るところで頑張ってるんだよ(笑)」

「ノーヒットノーランのお祝いしてくれて…」ビッグボス新庄と六本木の夜 | 俺のクランチ | WANI BOOKS NewsCrunch(ニュースクランチ)( https://wanibooks-newscrunch.com/articles/-/2955 )

■プロフィール

川尻 哲郎(かわじり・てつろう)

1969年1月5日生まれ。日大二高-亜細亜大-日産自動車(1994年4位)‐阪神タイガース(95~03)‐大阪近鉄バファローズ(04)‐東北楽天ゴールデンイーグルス(05)。通算60勝72敗3セーブ

タイガースタジアム( https://tiger-st.com/ )

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?