プロレスQが帰ってきた! 10年ぶりのリリースは2枚同時という贅沢ラインナップ!

■素晴らしい楽曲は時が経っても色褪せることはない

2022年5月27日に話題の映画『トップガン マーヴェリック』が公開され、あちらこちらで前作でも使用された名曲『デンジャーゾーン』を耳にすることが多くなった。35年以上が経過しても、本当に素晴らしい楽曲はまったく色褪せないものだな、と改めて思い知らされた。

と、それっぽいことを書いてはみたが、じつは『トップガン マーヴェリック』はまだ鑑賞していない。『シン・ウルトラマン』と『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』を優先してしまったので(というか、令和の新作映画の話をしているのに、すべてのタイトルの昭和感が満載すぎる! アラフィフおじさん大勝利の巻!)、まだ見ることができていない、というか前作の『トップガン』すらも見たことがないのだ、恥ずかしながら。

しかし『デンジャーゾーン』に関しては、もう何百回、いや何千回と聴いているし、思い入れも強い。なぜならば、プロレス会場で流れていたから、である。

有名なところでは全日本プロレスの渕正信。いまも現役バリバリで90年代からずーっとこの曲を入場テーマとして使用しているので、まさに30年モノ。あの旋律が流れてくると、トム・クルーズよりも背中に大きく「渕」と書かれたジャンパーで入場してくる渕正信の姿を思い浮かべてしまうプロレスファンは、僕だけではないはずだ。

だが、個人的には渕正信のテーマ曲というよりも、伝説のカルト団体・W★INGの全選手入場式の印象のほうが強い。

その昔、いわゆるインディー団体では、試合前に全選手入場式といわれるセレモニーをおこなうケースが多かった。これは、新日本や全日本といったメジャー団体と比べて選手数が圧倒的に少なく、メジャー団体がひとつの興行で8〜9試合は組んでくるのに対し、インディーでは5〜6試合でも組めたら上等、という問題が関係している。そう、入場式をやることで1試合分の尺を稼いで、観客にお得感を与える、という効果があったのだ。

おそらく定番化させたのは、1988年に旗揚げした新生UWF。旗揚げ戦で3試合しか組めなかったこともあり、入場式は必須だったのだが、そこで飛び出す前田日明の名言が話題となり、ひとつの目玉商品に化けていた。後発のインディー団体として、その流れに乗らないわけにはいかなかった。

ただ、W★INGの入場式は、とにかくレベルが違ったのだ! なぜなら、出てくるメンツがすごい、すごすぎる!!

“猟奇殺人犯”レザー・フェイス(チェーンソーをぶんまわしながら入場)、“13日の金曜日”ジェイソン・ザ・テリブル、“エルム街の悪夢”フレディ・クルーガー、そして“極悪大王”ミスター・ポーゴ!

こんな面々が次から次へと登場するさまは、まさに「地獄のエレクトリカルパレード」。しかも、みんな基本的に場内を徘徊しまくる。ギッシリ超満員の後楽園ホールでは逃げ場がなくてパニック状態だし、ガラガラの地方会場だと逃げても逃げても怪奇派レスラーが追いかけてくるという恐怖。初見のお客さんに対しては「これからとんでもないことが起こりますよ」という予告編にもなっていて、いつしかW★ING名物となっていた。

■10年の年月を経て最新CDがリリースされる!

6月15日にリリースされるお宝テーマ曲集『プロレスQリターンズ Jack』(キングレコード)には、この伝説の入場式を再現した楽曲が収録されている。

プロレスQとは1998年にスタートしたシリーズ作品で、今までCD化されていなかったお宝テーマ曲の発掘をメインに、これまで12作品をリリースしてきた。

24年で12作品と聞いたら、そんなに多くないように感じるかもしれないが、じつはこのうちの11作品は、第1作からわずか3年半のあいだにドドドーッと短期集中リリースされたもの。この時点で、いわゆるお宝楽曲で版権がクリアできるものはほとんど掘り起こしてしまったこともあり、一度、シリーズは休止。約10年間のブランクを経て、2012年に12枚目の作品をリリースしたが、それを最後にプロレスQは完全に沈黙していた。

11作目から12作目まで10年。12作目から最新作までにさらに10年。それぞれオリンピックを2回挟む、という驚異的なスパンになってしまったが、これは意図したものではない。

昨年、僕が『W★ING流れ星伝説』という本を出版し、その本に当時、W★INGのリングアナウンサーを務めていた大宝拓治氏が、およそ20年ぶりに公の場に登場したことで「じゃあ、大宝リングアナをスタジオに招いて、あのころの入場式を完全再現してもらおう!」となったのが事の始まり。

普段は演歌の大御所などが使用する立派なスタジオで『邪道! 外道! 非道!』などと絶叫する謎のレコーディングがこっそりとおこなわれたのだ。

そうこうしているうちに、ひょんなことから未CD化の音源が大量に発掘されたり、女子プロレス・冬の時代に会場限定で販売された楽曲を使っていた選手たちが、世界的なスーパースターとなったので、このタイミングで全国発売しよう、という動きも重なり、10年ぶりの新作は男子編の『Jack』、そして女子編の『Queen』の2枚同時リリースという贅沢なラインナップとなった。これはのちに「令和の大発掘」として、プロレステーマ曲界で語り継がれることになるに違いない!

ちなみに、プロレスQの「Q」とはクイズの意味。このシリーズにはジャケットに選手名や選手の写真は基本的に使われていない(今回、収録した全日本女子プロレスのレトロ楽曲は、選手の名前がそのまま楽曲名になっていたので特例、です)。まず曲名を見て「?」となり、CDを聴いて「!」となり、ブックレットの解説を読んで「そうか! そうだ! そうだった!」となる、という仕組みになっている。いわば「活字プロレス」と「お宝テーマ曲」という2つの文化をミックスした作品なのだ。

試合の映像もないのに、音楽だけで、しかも冒頭の数十秒だけで、過去の思い出を朝まで熱弁できるのがプロレスマニア。プロレスを見ること、語ることが「知的遊戯」と呼ばれるのは、つまり、そういうことなのである。

これまでは、会場使用曲をそのまま収録することにこだわってきたプロレスQシリーズだが、令和という新時代に合わせて、楽曲にアナウンスを被せて入場式を再現するなど、新しい試みにもトライしてみた。だって、もう皆さん『デンジャーゾーン』は所持してますもんね(苦笑)。さらに大宝リングアナの「できるだけたくさんの人をコールしたい」という要望に応えて、ちょっとした仕掛けも……これはCDを聴いてのお楽しみ、です。

また10年後に新作を出す、となると……その頃まで自分が現役でがんばっているのか、という不安感はもちろんのことながら、その時代にCDってまだあるのかな、ということまで頭をよぎってくるので、ひょっとしたらこれが最後の作品になるかもしれない。

本当にたまたまだけれども、このタイミングで『トップガン』の新作が公開されたり、『シン・ウルトラマン』効果で『ウルトラQ』が再注目されたりと、プロレスQに関わるネタが世間に広がっているのも面白い現象。かつてプロレスに夢中になった皆さん、自分の記憶を映像なしで脳内再生させるためのトリガーとして、ぜひ、一度、聴いてみてください。正直、クセになりますよ、コレ。

【CD情報】
格闘音楽大全プロレスQリターンズJack<収録内容>
DANGER ZONE(W★ING入場式バージョン)
ぶっちぎりの青春(川口オートレース テーマソング)
タイガー・マスク
GO ON BOARD AGAIN
Go for broke(プロトタイプ)
KEEP DREAMING
Muy bien
「タイトル未定」
KAITO
Resurrection
SATISFACTION

<ボーナストラック>
DANGER ZONE(W★ING名選手&スタッフ紹介バージョン)
W★INGスクランブルバンクハウス6人タッグデスマッチ

格闘音楽大全プロレスQリターンズQueen<収録内容>
入場式のテーマ“KINGDOM”今井バージョン#2
選手権試合宣言(氏家リングアナ&松永会長)
横田利美のテーマ
北村智子のテーマ
大森ゆかりのテーマ
マミ熊野のテーマ
ナンシー久美のテーマ
ルーシー加山のテーマ
奥村ひとみのテーマ
池下ユミのテーマ
Last Voyager 〜Strong Storm version〜
Premian?Girl
Drama 〜Queens Quest version〜
THEME OF Jd’
HAPPY?HAPPY
ワン・ウェイ・ハート

〈小島 和宏〉

関連記事(外部サイト)