生涯サッカー宣言! レノファ山瀬功治の原点となる12歳でのブラジル留学

2022シーズンもゴールを挙げ、Jリーグ23年連続ゴールの記録を更新中の山瀬功治選手。40歳となる現在もレノファ山口FCで活躍している。生涯サッカーをすると言い切るが、12歳で海を渡りブラジルへのサッカー留学、帰国してからのスランプ、北海高校での教えなど、原点ともいえる10代の頃を振り返ってもらった。

※本記事は、山瀬功治:著『ゴールへの道は自分自身で切り拓くものだ』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

■12歳で決断したブラジル留学

小学校を卒業してすぐに、12歳で地球の裏側へ旅立った。このブラジル留学が僕の生き方の原点といっても過言ではない。当時通っていた、SSS(札幌サッカースクール)の校長だった柴田先生は、チームの運営とは別にブラジルへのサッカー留学を支援する団体にも関わりがあった。そこでは日本中から年齢問わず留学希望者を募り、現地の指導者のもとでサッカー漬けの毎日を送れるようなシステムが構築されていた。

先生から「技術をレベルアップさせるなら、早い段階でサッカーの本場で学ぶべき」という助言を受け、僕はその2期生として20人弱のメンバーとともにサッカー王国へ移り住んだ。

ブラジル留学をきっかけに大成した選手といえば、真っ先にカズさん(三浦知良/現・鈴鹿ポイントゲッターズ)の名前が思い浮かぶ。静岡学園高校を中退し、単身でサッカー王国へ渡る決断をした背景には強い意志があったはず。それこそ僕の世代の選手は、多くの人間がカズさんのプレーに憧れてプロを目指したと思う。

留学の話が山瀬家で議題に上がると、僕は迷うことなく「行きたい」と親に訴えた。

今だから正直にいうと、海外留学がどれだけ大ごとか、まったくわかっていなかった。ブラジルは地球の裏側にあるという程度の知識はあったが、どれくらい離れているか想像したこともない。飛行機を乗り継いで何十時間もかかるなんて夢にも思わなかった。感覚的には、全国大会に出場するために東京へ行ったときと同じくらいの気分でしかなかったはずだ(苦笑)。

もし自分にもうちょっとでも知識があったとしたら、どうだっただろう。もしかしたら躊躇して、二の足を踏んでいたかもしれない。

そうやって考えると、知らないことは必ずしもマイナスではないのかな、と。知識があり過ぎると必要以上に考えてしまい、逆に行動できなくなってしまうからだ。何も知らないがゆえに、枠にとらわれることなく異世界へ飛び込んでいけたのだと思う。

決断を迷わなかった理由で、思い当たる節がもうひとつあるとすれば、その時代のサッカー少年なら誰もが知っている、『キャプテン翼』のエピソードに感化されていたからだろう。

主人公の大空翼は、小学生で全国制覇を成し遂げ、師と仰ぐ元ブラジル代表のロベルト本郷とともに海を渡る――はずだった。詳細は割愛させてもらうけど、結局このタイミングでは大空翼の願いは叶わない。そして3年後の中学校卒業後にブラジルへ行く、というストーリーだ。

大空翼ができなかった小学校卒業後のブラジル留学を自分がやる。漫画の世界の人物とはいえ、憧れの存在を超えるシチュエーションに、子供心ながら優越感に浸っていたのは間違いない(苦笑)。

こうして海を渡り、約2年半をブラジルで過ごした。

▲12歳で決断したブラジル留学 イメージ:Leonid Andronov / PIXTA

■危険を感じたブラジルでのサッカー観戦

サッカーの本場は、とにかく驚きの連続だった。道ばたや公園、あらゆる場所で大人も子どもも、みんながボールを蹴っているのは当たり前。そして、そのレベルの高さたるや。下っ腹が見事に飛び出たおじさんですら、ボールを扱わせると華麗な足技を披露する。当然プロの試合もレベルが高く、見ていてワクワクしたし、とても参考になった。

また、ブラジル人のサッカーに対する情熱も、やはり日本とは違う。

何度か試合を見に行ったが、スタジアムに訪れる人々の目的は、観戦ではなく自らも選手と一緒に戦うためだ。チャンスの場面では地響きのような唸り声が上がり、敵がボールを持てば大合唱で威嚇する。会場全体がひとつの生き物のようで、サッカーを見に行って身の危険を感じたのは初めてだった。

そんな意識の違いは、育成年代の現場でも顕著に現れる。留学中は現地のクラブチームに練習参加するなど、同世代のブラジル人とサッカーをする機会もあったのだが、とにかくハングリー精神がすごい。たとえチームメイトだろうが、プロを目指すうえでは全員がライバル。相手を蹴落としてでも生き残ろうと、みんな必死だった。

ブラジルの子どもたちにとって、サッカーは習い事や部活動ではなく、ひとつの生きる術なのだ。もちろん、仲間やチームのことを大切に思っているので普段は仲が良い。しかし、ことサッカーに関しては、どこまでもシビアで弱肉強食の世界だった。

とにかく、日常のあらゆる場面でサッカーを目にしないことはなく、ブラジルではまさにサッカーが生活の一部と化していた。

▲エスタジオドマラカナン 出典:rasinona / PIXTA

そんな環境のなか、技術的にたくさんの学びがあったのはもちろんのこと、それ以上に貴重な財産になったと感じているのは、生活習慣や物事の考え方、価値観といった部分だ。

毎日のスケジュール管理に始まり、お金の使い方や掃除や洗濯といった日常的なこと、もっと言えばバイキング形式の食事で何を選ぶのか。すべてを自分で考えて、決めなければいけない境遇に身を置いた。社会人として自立している大人であれば当然のことでも、中学生になったばかりの子どもにとっては簡単ではない。

それから当たり前だけど、日本語はまったく通じないので、ポルトガル語を扱えなければ会話や細かいコミュニケーションは成立しない。ただし勉強を強要される環境ではなかったので、基本的には独学で勉強するしかない。

正直、あらゆる面においてラクをしようと思えば、いくらでもできてしまう。しかし、選択した行動は必ず自分自身に跳ね返ってくる。だからこそ、自分のなかで「じゃあ、どうすればいいのか」が大きな意味を持つフレーズとなり、考えることが習慣になっていった。

例えば、ブラジルは治安の悪い国というイメージを持たれがちだ。実際の記憶として、警官はマシンガンを首からぶら下げていて、一般人でも銃を所持している人が多かった。家の窓や車庫は鉄格子が多く、防犯への意識はとても高い。

でも、だからといってブラジルで生活することが、常に危険と隣り合わせかといえば、そんなこともない。してはいけない行動は何か、行ってはいけないエリアはどこか。そういった知識を持って考えられれば、身の危険に遭遇する確率は減る。

生きることすべてを考えて過ごした。

それはサッカーに通ずる部分も多くて、試合に出場するために何をすべきなのか、ゴールを決めるためにどうすればいいのか、さまざまな壁を乗り越える根本の部分になったと思う。思考し続ける習慣と自己責任の意識を、自分のスタンダードにできたことに大きな意味があった。

ブラジル留学がなければ、今の自分はいないと断言できる。ひとりの人間として生きるうえでの、僕なりの道標をブラジルで見つけた。それが自分のサッカー選手としての在り方の核となり、40歳になった今もプロサッカー選手を続けられている。

■身についた「質実剛健 百折不撓」の精神

ブラジル留学を終えて、日本に帰ってきたのは中学3年生の夏。

約半年前の年末年始にも一時帰国し、今後の進路について両親や柴田先生と話し合っていた。一度は現地のプロサッカーチームの育成組織に所属するという話でまとまったけれど、実際に数ヵ月過ごしても手応えがあまり感じられなかった。

そういった経緯を踏まえて、日本の高校に通うほうが選手としての将来につながるのではないかと思い、帰国を決断。その後は地元の中学校に通いながら、SSSのジュニアユースでプレーすることに。けれど、進学先を決める大事な時期に、サッカー人生で初めてのスランプに陥ってしまう。

小学生時点でのパフォーマンスや知名度は、北海道のなかでトップクラスの評価を得ていたと思う。全国大会に出場した経験があったし、北海道選抜の中心としてプレーもしていた。それなのに、ブラジルから帰ってきた頃の僕は、思い描いているプレーをまったく表現できなくなっていた。

周囲から「ブラジルへ行って、どれだけすごい選手になっているんだろう」と好奇の目で見られていたのは間違いない。そんな周りの視線を意識しすぎるがあまり、プレッシャーとなり悪循環にハマっていった。

「ブラジル留学してこの程度か」と思われているのでは? と疑心暗鬼になり、成長を表現できない歯がゆさに悶々としていた。

とはいえ時間は待ってくれず、夏が終われば、いよいよ進路を選択していく時期となる。有望な選手ほど、早い段階で高校サイドからスポーツ推薦の誘いがかかり、進学先が決まっていくのだが、僕の場合はなかなか話が進まなかった。

そんなタイミングで、小学生時代にチームメイトだった先輩が通っていた北海高校の練習に参加させてもらうことに。最終的になんとか推薦の話をもらえて、そのまま入学する道を選んだ。

▲身についた「質実剛健 百折不撓」の精神 イメージ:hamahiro / PIXTA

北海高校サッカー部には「素晴らしい選手である前に素晴らしい人間でいよう」という教えがある。

そのため1年生は最初の1ヵ月間、練習にまったく参加させてもらえない。何をするかといえば、ひたすら河川敷を走るのみ。さらにそこで目上の人へのあいさつや話し方など、礼儀作法とサッカー部のルールを徹底的に叩き込まれる。豊平川に向かって何度叫んだだろうか。大声を出す訓練で歌った『かえるの合唱』も、周りに響き渡っていたはず(笑)。

サッカーをするために入学した僕らにとっては、ちょっとした理不尽な状況だ。この段階で退部した人間もいる。

その反面、これは大人になったからこそわかることだけれど、世の中にはもっと理不尽なことがいくらでもある。やりたくないけれど、やらないといけないシチュエーションもたくさんある。それでも根気強く続けるからこそ、目標を達成できるのだろう。そう考えれば、このエピソードは、つまり世の中の縮図なのだろう、と(苦笑)。

『質実剛健 百折不撓』

これは北海高校の教育方針だ。四字熟語が組み合わさって仰々しく感じるが、学校生活や部活動での体験は、この8文字に集約される。

ブラジル留学がきっかけで「どうするべきか」を思考するようになり、高校時代にどんな困難にあっても挫けず諦めない強い意志を養った。

北海高校で過ごした3年間は、僕のなかに息づいていて、人生において決して欠かすことのできない必要な時間だったと言える。インターハイに出場し、国体のメンバーにも選ばれたように、サッカー選手としても成長できたけれど、それ以上に礼儀作法や謙虚さなど、人間として生きていくうえで大切なものを教わった。

卒業して20年以上経った今も、高校3年間の学びを毎日の生活で心がけている。

関連記事(外部サイト)