コンバート? モデルチェンジ? 低迷する坂本勇人の今後のキャリアを思考する

鮮烈なデビュー以来、数々の輝かしい記録を残してきた坂本勇人が、今後の野球人生を占う岐路に立たされている。このまま数字は落ちていくのか? あるいは華々しい復活を遂げるのか? さまざな視点から考えていこう。

■3度の怪我の離脱で陰りが見えたシーズン

2022年、坂本勇人(読売巨人軍)にはキャリアで最多となる3度の離脱があった。離脱の内容は下記のとおりである。

3月21日の練習中に負傷をして「左内腹斜筋筋損傷」で開幕前に離脱 4月30日の阪神戦の守備の際に負傷をして「右膝内側側副靱帯損傷」で離脱 7月6日のヤクルト戦の打席内でのけぞった際に負傷をして「左内腹斜筋筋損傷」

2007年の一軍デビュー以来、これまでのキャリアでは、複数回の離脱こそなかったものの、2015年からは怪我が増えていき、昨シーズンも東京五輪前に離脱をしたため、日本代表の構想にも大きな影響を与えた。

今シーズンに関しては、さまざまな数字や数値が悪化している。特に打撃においてはその傾向が顕著で、2008年のレギュラー定着後、打点数(31)がワーストとなるのは濃厚で、本塁打数(5 ※いずれも9月20日現在)もこのままいけば、打点と同様にワーストの結果に終わるだろう(レギュラーを掴んだ2年目の2008年シーズンは8本塁打、43打点)。

プレー中の怪我が多かった影響からか、守備範囲も以前ほどの広さは感じられずにいる。守備に関しては、疲労がない状態であればしっかり動けている印象だが、試合に出続けるとほとんど足が動かなることが懸念材料だ。そのため、遊撃手としては“陰り”が見えたシーズンでもあったのは間違いない。

■今後の坂本の起用における重要課題“真夏”と“休養”

今後の起用におけるポイントは、いかに休ませながら起用できるか、そして守備の負担をいかに減らすことができるかだ。それにより、怪我のリスク回避はもちろんのこと、打撃の調子が急下降することもなくなることが期待できる。

これまでのシーズンを振り返ってみると、怪我による離脱こそなかったものの、夏場には弱く(特に開幕前またはシーズン中に国際大会がある年)、毎年のように打撃の調子が下降する傾向が見られる。

顕著な例は、2013年のシーズンだ。規定打席到達時点で打率.303を記録していたが、最終的な打率が.265にまで下降した。2017年シーズンも7月は打率.352と調子が良かったものの、暑さが増す8月には打率.221と急下降し、9月と10月も平均打率.が208まで落ち込み、トータルでは3割を切る不本意なシーズンとなった。

昨年の8月も、東京五輪の疲れなどが見られ打率.259だった。9月になって打率.352と息を吹き返したが、10月になると息切れをして最終的に打率.167と低迷した。真夏に成績が下降する原因は、疲れが出始めること、コンディションが低下することにより、下半身に粘りがなくなることだろう。来年もWBCの日本代表に選ばれる可能性は高いため、この点は改善していかなければならないポイントである。

年齢もすでに30代中盤に差し掛かろうとしている。誰もが直面するこの点から見ても、首脳陣がうまく休ませながら坂本を起用をしていくことが、パフォーマンスを維持していくポイントになっていくだろう。

■キャリアの分岐点はコンバートとモデルチェンジ

守備の負担軽減に関しては、遊撃手からどのポジションにコンバートをさせるかだ。現状、負担が少ないとされる一塁手や三塁手、両翼のポジションには20本塁打以上を記録している選手が並んでいる(中田翔、岡本和真、アダム・ウォーカー、グレゴリー・ポランコ)。

そのため、坂本は少なくとも同レベルの成績を残さなければいけない。一方、4選手はいずれも大きな波があるタイプのため、たとえば岡本を2018年から2019年シーズンのように、一塁手や外野手としても起用ができれば、坂本もうまく流動的に起用ができる。

坂本のこれまでの実績を見ると、打撃が安定しはじめた2016年シーズンからは、2017年と今シーズン以外は20本塁打以上、またはそれに近い成績を残している。さらに、打率に関しても昨シーズンの.271が一番低いこと鑑みると、守備の負担が減れば最低限、打率.280は残せそうに思える。

仮に一塁手や三塁手、両翼にコンバートをされるなら、2019年シーズンのように、「バレル」(MLBの新指標で打球速度と打球角度のハイレベルな組み合わせ)を狙う=長打力のある打撃スタイルを築き上げるのがベターだ。守備の負担が軽いポジションを守ること、そしてこの長打を狙う打撃スタイルで、長いシーズンを戦えるかがポイントになっていくだろう。

2020年以降、坂本は怪我などの影響により、3割を超えたシーズンはない。拙著『巨人軍解体新書』(光文社新書)にも記載したとおり、打撃フォームのスタンスの広さも重要になっていく。沈み込むフォームは、2019年シーズンのようにトップクラスの長打力が見込めるが、下半身に多大な負担がかかるため、トレードオフ(両立できない関係性)な部分が大きい。

仮に負担がかからないポジションでも、長いシーズンにおいてフィジカル面が耐えられるかが難しいのであれば、なるべくスタンスを狭くして、結果を残せるようにモデルチェンジをすることも重要だろう。それはまさに2016年・2018年シーズンや、2017年WBCのような打率や打点を稼ぐ坂本の打撃スタイルであり、吉川尚輝を遊撃手にして、坂本を二塁手としても検討するのもいいだろう。

■来年のWBCの代表選出と3000本安打の可能性は?

▲2020東京五輪決勝での坂本選手 写真:千葉 格/アフロ

来年の3月には、いよいよ第4回WBCが開催されるが、坂本の選出に関しても注目だ。これまでのキャリアでは、WBCとプレミア12にいずれも2度出場をして、2019年のプレミア12では初優勝。昨年開催された東京五輪では見事に金メダルを獲得した。

代表でもこれだけ申し分のない実績を持つ坂本は、精神的支柱として選ばれていいのではないだろうか。なぜなら、現役選手でここまで国際大会を知り尽くした選手はいないからである。仮に坂本のコンディションが大会中に上がらない場合は、チャンスに対する勝負強さを活かして、代打として起用もできる。ベンチにいるだけでも大きな存在になるだろう。

直近の国際大会を見てみよう。前回大会のWBCでは、バランサー=ポジションのつなぐ役割として打率.417を記録。東京五輪も、開催前は怪我などで出場が危ぶまれたが、実質的にキャプテンのポジションとして、初戦でサヨナラタイムリーを放ち、チームを勢いづける活躍を見せた。結果的に、大会を通して打率.333 、1本塁打、4打点を記録。金メダルに大きく貢献した。このように背中で引っ張る坂本のキャプテンシーは必要である。

3000本安打の可能性にも触れたい。2000本安打までは極めて順調と言えたが、近年は自慢の体の強さに陰りが見えているため、このままでは難しい状況というのが本音だ。しかし、モデルチェンジやコンバートにより、息を吹き返す可能性は高い。だからこそ、早ければ今年の秋季キャンプから、モデルチェンジやコンバートに取り組んでほしい。

ただ、これまで巨人を引っ張ってきた坂本の意向もあるだろう。遊撃手として、キャリアを終えたい気持ちもあるなら、ギリギリまで今のスタイルを貫く可能性もある。3000本安打と遊撃手のどちらかを取ることによって、今後のキャリアは大きく変わっていくだろう。

坂本勇人シーズン成績(9/19時点)参照:スポナビ https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/700003/top

■プロフィール

ゴジキ(@godziki_55)

自身の連載である「ゴジキの巨人軍解体新書」「データで読む高校野球 2022」をはじめとした「REAL SPORTS」「THE DIGEST(Slugger)」 「本がすき。」「文春野球」等で、巨人軍や国際大会、高校野球の内容を中心にコラムを執筆している。今回、新たに「WANI BOOKS NewsCrunch」にてコラムを執筆。Twitter: @godziki_55

〈ゴジキ〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?