巨人は森友哉を獲得すべきか? 大城卓三と小林誠司で勝負すべきか?

今季のCS(クライマックスシリーズ)争いにこそ絡んでいる読売巨人軍だが、首位争いに絡めなかった理由のひとつが捕手の運用だろう。果たして大城卓三は打撃だけの選手なのか? 小林誠司はもう期待できないのか? そして、西武ライオンズの森友哉は獲得すべきなのか? 過去・現在・未来を見渡しながら熟慮していきたい。

■前任が偉大だとハードルが高くなる捕手というポジション

巨人の捕手といえば、2019年に引退した阿部慎之助を誰もが思い浮かべるだろう。阿部の存在は非常に大きかった。ルーキーイヤーの2001年、ベテランの村田真一からレギュラーの座をいきなり勝ち取ると、その後も正捕手としてキャリアを順調に築き、チームを2015年までに7度のリーグ優勝、3度の日本一に導いた。

キャリア終盤は、捕手としては限界にきていたが、一塁にコンバートされると打力をいかんなく発揮。キャリア最終年はリーグ優勝に大きく貢献して、有終の美を飾った。阿部に関しては、巨人の生捕手というだけではなく、プロ野球の歴代で見てもトップクラスの打力があり、複数回の優勝や日本一に導いた超一流の捕手である。

その後の正捕手争いを見ると皮肉なことに、この阿部が前任のため、巨人の捕手に求められるハードルが非常に高くなっている。

これは他球団も同様である。ヤクルトは、2015年にリーグ優勝を飾り、2021年・2022年は連覇を果たしたが、中村悠平が正捕手として確立したことが大きい。しかし、古田敦也が引退して以降は、2014年まで相川亮二が正捕手を務めたが、Aクラスこそあったもののリーグ優勝までにはいたらなかった。

中日も、谷繁元信以降の正捕手に苦しんでおり、2021年にようやく木下拓哉が出てきた。それほど、正捕手の存在は大きなものであり、5年から10年は前任の穴を埋められないこともあるポジションだ。

■バランスの良さが光った2019年のローテーション

阿部が捕手として限界を迎えつつあった頃、2016年〜2018年は主に小林誠司が正捕手のマスクを被っていた。しかし、“前任捕手・阿部慎之助”というかハードルが高すぎたため、非常に苦労しているように思えた。

特に、抽象度が高くない守備面とは別に、可視化される打撃面の成績は顕著である。打撃面で見てもタイトルホルダーだった阿部から、守備型捕手の小林に世代交代した際に、風当たりが非常に強かったのは否めない。

しかし、小林のスローイング・フレーミング・ブロッキングなどの総合的な守備力は、巨人捕手陣のなかでは頭ひとつ抜けている。一軍に居続ければ、チームの防御率向上に貢献できる選手だ。一方で課題としては、打力はもちろんのこと、試合に出続けることで疲労が溜まると、そのパフォーマンスが急激に下がることだ。

この課題点がチームの成績に結びついていたこともあり、2017年のドラフトでは打撃型捕手の大城卓三、2018年オフには炭谷銀次朗を獲得したのではないだろうか。

その結果、2019年は小林が91試合、大城が62試合、炭谷が58試合マスクを被った。これは非常に効果的な捕手運用で、3選手がそれぞれ高いパフォーマンスを維持しながら、相性がいい投手をリードして、リーグ優勝を果たした。

このシーズンの小林は、攻守におけるパフォーマンスを最後まで持続。事実、打撃は規定打席未到達ながらもキャリアハイを記録し、守備もほとんど精彩を欠くことはなかった。

大城は、2019年のシーズンで捕手以外に一塁手も任され、打撃面でも貢献した。打力ばかり注目されがちだが、スローイング・フレーミングと言った守備面でも水準以上のパフォーマンスを残してきたのだ。指標だけ見ると、2021年シーズンの盗塁阻止率はリーグ1位を記録しており、「DELTA FIELDING AWARDS 2021」にも選ばれた。

しかし、課題点もある。それは、プレッシャーがかかる場面で随所に見られるディフェンス面のリカバリー力だ。この部分は入団当初から小林と比較すると、まだまだ及ばない部分がある。さらに、小林と同様に試合に出続けるとパフォーマンスが落ちるのも課題で、打撃面でも好不調の波が激しいことがある。

ただ、調子がいいときの大城は非常に魅力的な選手だ。捕手でありながら、2桁本塁打を見込める点は、他球団と比較してもプラスになることが多い。そのため、なおさら小林との併用をうまくしていくことが重要である。

■原監督に大城を重宝させる強打者・阿部慎之助の残像

大城と小林を運用していくポイントで、じっくり見ていきたいのは投手との相性だ。

先発陣との相性を見ると、今シーズンの大城は、山崎伊織や戸郷翔征、赤星優志と相性がいい。逆に小林は、菅野智之や戸郷、マット・シューメイカーとの相性がいい。この相性を鑑みて、ほとんど投手成績が変わらないのならば、打力がある大城を優先し、成績に差があれば、相性がいいほうを中心に起用するのがいいだろう。

CCメルセデスの場合は、デビュー以来、大城との相性がよかったため、安易に小林と組んだ今年のデータだけで決めるのではなく、来シーズン以降も様子を見ていくことが必要だ。あと、終盤やプレッシャーがかかる場面は、小林に任せる形がいいと見ている。そして余裕がある場面では、山瀬慎之助などの若手を起用して、経験を積ませるのもいいだろう。

実際、原辰徳監督は打力のある大城に期待している部分は大きい。その背景には「阿部のような打力がある捕手を軸に回していきたい」という意図があるだろう。これは、自身が指揮を執っていたうち、大半の正捕手が阿部だったことが影響しているのは言うまでもない。打撃型捕手のアドバンテージを、最大限に活かしたいことがわかる。

■大城・小林に対する運用と森友哉の獲得はするべきか?

他球団を見渡しても、リーグ優勝や日本一になった球団の正捕手は、打力のある選手だった場合が多い。

近年なら、2018〜2019年にパリーグ2連覇に貢献した西武の森友哉はもちろんのこと、2016〜2018年にセリーグ3連覇を成し遂げた広島の會澤翼も、2年連続ベストナインを獲得するほどの打力がある。さらに、ヤクルト連覇を果たした中村に関しても、2021年と2022年は2割6分以上記録しており、捕手としては及第点の成績ではないだろうか。

森がいる西武以外の他球団では、優勝したシーズンは複数人の捕手で運用している。当時の広島に関しては、會澤以外に石原慶幸や磯村嘉孝と併用していた。ヤクルトに関しては、中村以外に内山壮真や古賀優大といった若い選手を育成しながら起用している。

このように、疲労やパフォーマンス、先発投手との相性や直近の調子などに考慮をして、うまく運用をすることもポイントになっていることがわかる。

さて、打撃型の捕手である森の獲得は、巨人にとって視野に入れるべきポイントだ。現状では軸になりきれていない大城や小林と比較すると、非常に大きな存在になることは間違いない。今シーズン、ライオンズは柘植世那を出場させる機会を増やしているが、基本的には試合に出続けているのは森で、絶対的なチームの柱である。

この森と大城、小林、さらには若手をうまく運用していけば、各選手の打撃と守備のパフォーマンスも安定するのではないだろうか。このように、森を獲得することによって起用にも幅が広がるため、ぜひとも巨人には争奪戦に入ってほしいところだ。

▲2020プロ野球オープン戦での小林捕手 写真:AP/アフロ

〈ゴジキ〉

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?