甲子園を沸かせた21世紀最強のエース・2番手・投手陣を考察

今年の夏の甲子園が8月6日に開幕した。

多彩な投手陣を活かして昨年夏に優勝した仙台育英の投手陣や、前評判通りのピッチングを見せて、華やかな甲子園デビューを飾った徳島商の森煌誠が話題にあがっている。

この夏の甲子園に向けて発売され、さまざまな媒体・書店でランキングの上位を占めている『戦略で読む高校野球』(集英社)の著者であるゴジキ氏が、21世紀で甲子園を沸かせたエースや2番手、投手陣について語る。

■21世紀最強のエースは春夏連覇に導いた藤浪晋太郎

高校野球において、21世紀最強のエースは間違いなく大阪桐蔭の藤浪晋太郎だろう。

藤浪を擁する大阪桐蔭は、春夏連覇を果たしている。『戦略で読む高校野球』にも記載しているが、高校野球史においても夏の甲子園で見せたピッチングは、トップクラスと言っていいレベルだ。

センバツでは粗削りなピッチングだったため先制点を与える場面もあったが、夏の甲子園では驚異の奪三振49、防御率0.50を記録。内容を見ても準々決勝から徐々に調子を上げていき、準決勝の明徳義塾戦と決勝の光星学院戦は完封を果たし、チームを春夏連覇に導いた。

準決勝で対戦した明徳義塾の監督・馬淵氏は「藤浪くんは球威があった。かき回すにも、塁に出られなかった」と白旗を挙げたコメントを残した。

さらに、決勝で対戦した光星学院戦では、準決勝までチーム22打点のうち17打点を稼いだ田村龍弘と北條史也から2つの三振を奪うなどして、合計8打数1安打に抑えた。

決勝では、疲れが見えるはずの最終回に自己最速タイの153km/hを記録。最終的には、14奪三振2安打完封勝利で春夏連覇を飾った。藤浪は春から成長を遂げて、この甲子園では圧巻のピッチングを見せた。

ストレートはもちろんのこと、変化球も高校生離れしており、プロ入りから3年連続で二桁勝利を記録するのも頷ける内容だった。

▲甲子園で圧倒的なピッチングを見せた藤浪晋太郎 写真:北川外志廣/アフロ

■ライオンズのローテーションを支える2人の甲子園優勝投手

次は高校野球において、夏の甲子園を1人で投げ抜いた今井達也だ。

球数制限が設けられたため、今井が1人で投げ抜いた最後の優勝投手になる可能性は高い。甲子園の成績を見ると、41イニングを投げ、44奪三振を記録し、防御率は1.10。

今井が活躍した2016年から高校野球は高度化になっており、投手のストレートはもちろんのこと、変化球も高速化しているように見えた。

この今井も、準決勝で明徳義塾と対戦している。好投手に対する研究にかなり力を入れているチームだが、それを上回る圧倒的な実力で抑えた。

この世代は、前評判では寺島成輝、藤平尚真、高橋昂也といった好投手がいたが、それを覆すようにどんどんと成長する今井に度肝を抜かれた人は多かっただろう。

甲子園で一気に成長した今井は、54年ぶりの夏の甲子園優勝に導いた。

次は2年生ながらも1人で投げ抜いた高橋光成。

今では、埼玉西武ライオンズのエースだが、2年生ながらも優勝投手に輝いている。

また、高橋の場合は甲子園で50イニングを投げており、2010年代の優勝投手では最多イニングを記録している。内容を見ても、落ちるボールを駆使しながら、1回戦と2回戦は1対0のロースコアゲームに勝利し、3回戦では優勝候補の横浜に勝利した。

この横浜戦以外は全て接戦だったなかで、全試合のマウンドにあがり、防御率は脅威の0.36を記録している。

この成績を見ても、2年生でありながら圧倒的な実力だったことがわかる。

■甲子園を沸かせた2大スター

次に挙げたいのは、2006年の甲子園を沸かせた斎藤佑樹と田中将大だ。

2010年以降は藤浪や今井、高橋といった投手の実力が図抜けていたが、2000年代はこの両投手が別格だった。

『戦略で読む高校野球』でも下記のように記載している。

とはいえ、この2000年代の投手を見ると、やはり1人で投げ抜いて優勝をした当時の斎藤佑樹は、甲子園の球史で見ても、田中将大と並んで別格な存在だった。そうした印象が、高校野球は1人のエースが投げ抜くものというイメージを作り、その後の甲子園でも(とくに2000年代後半から2010年代初頭)は1人エースの学校が定期的に注目を集めるようになった。

斎藤佑樹は、全試合全イニングとなる69回を投げており、タフさは当時も話題になるほどだった。成績を見ても、69回を投げて奪三振は78を記録。防御率1.17を記録した。

球威はもちろんのこと、落ちるボールも一線級だったことや、今井と同様に甲子園で一気に成長したこともあり、センバツ覇者の横浜に勝利した大阪桐蔭相手にも圧倒的なピッチングを見せた。

また、「ハンカチ王子」と呼ばれた斎藤に声援が飛び交うなど、メディアや甲子園の雰囲気を味方につけたこともあり、「甲子園のスター」として絵になる投手でもあった。

田中に関しては、2年生の夏で主にリリーフながらも夏2連覇に貢献し、胴上げ投手になっている。

2年生の成績は25回1/3、38奪三振、防御率2.81を記録。3年生の成績は52回2/3、54奪三振、防御率2.22を記録した。高校時点で「プロ級」と言われていたスライダーは、相手チームが対策や研究をしても打てないほどだった。

時代錯誤になってしまうかもしれないが、プロ野球での活躍を目指すなら、ある程度は1人で投げる力は必要になっていくだろう。

実際のところ、活躍している優勝投手は春夏問わず甲子園で40イニング以上投げており、そのレベルの馬力があるとプロ野球でも先発として活躍できる確率は高まっていくと見ている。

■今では欠かせない存在の2番手投手

球数制限が設けられ、欠かせない存在になっているのが「2番手投手」である。

まず挙げたいのは、ダルビッシュ有を擁して準優勝になった東北の2番手として君臨していた真壁賢守だ。

当時2年生だったが、成績を見ると17回を投げて、13奪三振、防御率1.06を記録。

印象深いのは1回戦の筑陽学園戦だ。

ダルビッシュのまさかの乱調や、次にマウンドに上がった斎藤学が1アウトも取れずにマウンドを降りた。そんななかで3人目としてマウンドに上がった真壁は、7回のロングリリーフで1失点の好投を見せた。

この試合から真壁は一気に注目されることになる。サイドハンドから繰り出される140km/h以上のストレートは球威があった。

決勝で対戦した常総学院の監督・木内氏は「先発が真壁くんで、後半ダルビッシュくんに全力で投げられたら勝てなかった」とコメントするほどだった。

その夏に優勝した常総学院の2番手だった飯島秀明もサイドハンドの投手だった。前年の2年生のときはエースだったが、不調などで2番手としてこの夏を迎えた。夏の成績は22回2/3を投げ、14奪三振、防御率0.40とエースでもおかしくない成績だった。

しかし、茨城県予選では苦しみ、復調しないまま甲子園に入った。

そういった状況で、捕手の大崎と飯島は、この年の調子がよかったときの映像をチェックし、腕を下げアンダースロー気味にしたり、技術的な修正を行なうなどの試行錯誤を重ねた。

その結果、フル回転の活躍を見せ、甲子園では不調からの大復活を遂げる。

この立役者に対し、木内氏は「神様、飯島さま、あそこまでやるとはビックリだね」とコメントを残すぐらいだった。

続いては佐賀北を初優勝に導いた馬場将史だ。

この年の佐賀北は、複数人のプロ野球選手を輩出し、優勝候補の帝京や広陵に勝利して初優勝している。

佐賀北のエースナンバーは久保貴大だったが、久保が37回、馬場は36回を投げており、ほとんど同じイニングマウンドに上がり続けていた。

久保と二枚看板だった馬場は、全試合で先発を務め、防御率2.00を記録した。

この頃からエースをリリーフに回す継投策が出始めていたのもわかる。

最後はプロ入りした大阪桐蔭の澤田圭佑と東海大相模の吉田凌だ。

両者ともにエースと2番手がプロ入りしているが、澤田はセンバツで5回を投げて防御率1.80、夏は1試合完投して防御率2.00を記録した。

このレベルの投手がエースではなく、2番手に控えているのが春夏連覇を達成した大阪桐蔭の強さと言っていいだろう。

吉田に関しては、2年の夏の神奈川県大会決勝で8回2/3を投げて20奪三振を記録したが、このときのインパクトは非常に強いものがあった。

夏の甲子園を制した3年の夏は、19回を投げて防御率1.89を記録した。2年生のときほどの奪三振率はなかったものの、初戦や準決勝では好投を見せた。

また、この東海大相模も試合展開によっては、エースである小笠原慎之介をリリーフに回す運用を見せていた。

■21世紀最強の投手陣はどの高校?

温暖化の影響による天候の変化や球数制限などにより、徐々に高校野球が変わってきた。それによって投手の運用も変化を見せる。

個々の力として見ると、藤浪や今井、高橋、田中、斎藤などのスーパーエースのほうが上になる。

主要投手2人体制を敷いたチームの代表は、2003年常総学院や東北、2007年佐賀北、2012年大阪桐蔭、2015年東海大相模、2017年花咲徳栄といった高校の名前があがるだろう。

ただ、今後の高校野球の制度化や継投戦略を考えると、水準以上の投手を3人以上揃えることが重要になっていくだろう。

まずは、2022年の夏を制覇した仙台育英だ。

エースの古川翼と斎藤蓉を軸に、髙橋煌稀、仁田陽翔、湯田統真といった5人の投手陣をうまく運用した。

決勝戦こそ、先発の斎藤蓉が100球投げたものの、準決勝までは負担がかからず、投手全員が力を出し切れる運用だった。

軸となる投手は古川・斎藤・高橋の3人だが、準決勝では古川と斎藤を温存し、万全な状態で決勝戦を迎え、東北勢として初優勝を成し遂げた。

下記が各投手陣のイニングと球数である。

・古川
2回戦:2回 19球 
3回戦:2回2/3 53球
準々決勝:4回 52球

・斎藤
2回戦:2/3 11球
3回戦:2回 31球
準々決勝:5回 71球
決勝:7回 100球

・高橋
2回戦:5回 60球
3回戦:3回 46球
準決勝:2回 37球
決勝:2回 45球

・湯田
2回戦:1/3 7球
3回戦:1回1/3 31球
準決勝:4回 84球

・仁田
2回戦:1回 20球
準決勝:3回 61球

これまでの高校野球の継投策は、エースと2番手が1試合ごとで交互に投げたり、1試合で2人の投手が投げることが主流だった。

しかし、昨年の仙台育英の投手起用は画期的だった。

1人の投手が短いイニングを少ない球数で抑え、ブルペンデーのように、次々にピッチャーを変えていく継投策で夏の甲子園初優勝を果たしたことだ。

多くの高校は、短いイニングですら試合を作れずに投手を変えてしまうところが多いなか、ここまでバランスよく投げさせながら失点を防ぐ起用法を確立した。

高校野球の強豪校となると、打線が1巡したら投手の球筋に合わせてくるが、細かい継投によって相手打線の「慣れ」を防ぐこともできた。

また、今年の仙台育英は湯田・高橋・仁田を中心の投手陣を誇っており、試合状況によっては湯田を完投させるなどの柔軟さもあるチームになっている。

次は2018年の大阪桐蔭だ。

2018年の大阪桐蔭の投手陣を見ると、根尾昂、柿木蓮、横川凱のプロ入りした投手の3本柱を揃えた。

左右のバランスもよく、全員プロ入りするほどの実力を持っていた。そのため、誰が先発しても大崩れすることがなく、非常にバランスよく投手運用ができていた。

下記が各投手陣のイニングと球数である。

・柿木
1回戦:9回105球
2回戦:1回24球
3回戦:4回66球
準々決勝:4回50球
準決勝:9回155球
決勝:9回112球

・根尾
2回戦:8回119球
準々決勝:5回95球

・横川
3回戦:5回78球

3回戦までは全投手先発させて大会中の調子を見たうえで、結果的に柿木が準決勝と決勝は完投している。

各投手の登板間隔を1〜2戦目は中6日、2〜3戦目は中2日にすることで、プロ野球のようなイメージで先発をローテーション化していた。

余談だが、仙台育英が夏に制した2022年の大阪桐蔭は、2018年ほどのスケールはなかったものの、長いイニングを投げられる川原嗣貴・前田悠伍・別所孝亮の3投手で先発ローテーションを組んで運用。

その結果、夏の甲子園は優勝を逃したものの、明治神宮大会・センバツ・国体の三冠に輝いた。

時代によって活躍する投手の傾向は変わるが、あくまで高校野球では甲子園で勝てる投手という視点が必要になっていく。

スーパーエースという視点なら、プロ野球の世界でも活躍できる資質が必要になっていくが、今後も1人で勝ち上がれるスーパーエースはもちろんのこと、投手を中心としたさまざまな戦略に注目していきたい。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?