21世紀の甲子園を沸かせた最強の高校はどこだ?

今年の夏の甲子園は8月23日に終了した。勝ち上がるごとに勢いが増した慶應が、夏2連覇を狙った仙台育英の投手陣を攻略し、107年ぶりの夏制覇を果たした。

夏の甲子園が終了し、8月31日からは台湾で第31回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップが開催される。

Amazonや楽天等の媒体・紀伊國屋書店やジュンク堂書店の売上ランキングで上位に入った『戦略で読み解く高校野球』(集英社)の著者であるゴジキ氏が、21世紀における甲子園を制覇した最強のチームについて語る。

■21世紀最強は藤浪・森を擁した2012年の大阪桐蔭

21世紀で最強と呼べるのは、藤浪晋太郎・森友哉を擁して春夏連覇を果たした2012年の大阪桐蔭だろう。

この優勝から大阪桐蔭は、甲子園で「勝って当たり前」と見られる常勝チームになったと言ってもいい。

チーム打率などは目立った成績ではないが、藤浪と森に関しては、21世紀にとどまらず、歴代最高クラスの投手と打者と言ってもいい。

また、データ上は2008年のチームほどの打力はなかったが、隙のない野球で強さが際立った。

プロ野球選手が高校生と一緒にプレーしているようにも見えた。

夏の甲子園の藤浪に関しては、金属バットとはいえ高校生のレベルでは打ち崩すのは非常に難しいレベルだった。

森に関しても、甲子園では打率4割を切っていないため、こちらも高校生のレベルではどこを投げても打たれるレベルだったに違いない。

また、他の選手を見ても、藤浪に次ぐ2番手は、澤田圭佑がいたこともあり、投手陣も強力だった。

澤田が先発したセンバツの浦和学院戦は、この世代の大阪桐蔭からすると、一番苦しんだ試合だったが、先発としてしっかりと役割を果たした。

さらに、夏の甲子園では済々黌(せいせいこう)の大竹耕太郎に投げ勝つなど、他校であればエースになれる実力だったのは間違いない。

センバツでは主砲の田端良基の代わりに4番に座り、決勝でホームランを放った小池裕也は、夏の甲子園でベンチにすら入れないほどの層の厚さだった。

この世代は、プロ級のバッテリーと緻密な野球、選手層の厚さで春夏連覇を果たした。

▲春夏連覇を果たした2012年の大阪桐蔭 写真:岡沢克郎 / アフロ

■「最強世代」と呼ばれた2018年の大阪桐蔭

次に挙げたいのは「最強世代」と呼ばれた2018年の大阪桐蔭だ。

この世代の中心選手は1年生の秋から主力となり、センバツ2連覇、春夏連覇を果たしている。根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、横川凱といった高卒でプロ入りした選手が4人もいた。

また、センバツ決勝や大阪大会で対戦している履正社も、翌年の2019年に夏の甲子園を制しており、この頃は両校ともに全国トップクラスだったと言ってもいいだろう。

この年の大阪桐蔭は、秋季大会から春季大会までライバル的な立ち位置にいた智弁和歌山と決勝で対戦し、全ての試合で勝利している。

さらにセンバツの準決勝の三重戦は、苦しみながらもサヨナラ勝ち。夏の甲子園の決勝は金足農業との対戦で、アウェイの雰囲気のなかで勝利しており、絶対王者の名に相応しい戦いぶりを見せた。

その他の世代を見ても、浅村栄斗を中心とした2008年は歴代3位のチーム打率を誇っている。

さらに、2022年の世代は夏の甲子園はベスト8に終わったものの、明治神宮大会・センバツ・国体の三冠に輝いている。

現代野球の考え方だと、仙台育英が一歩リードしそうな流れになるなかで、時代に合わせたチーム構成を再構築すべきときが来たが、21世紀の高校野球を牽引してきた大阪桐蔭の巻き返しに期待していきたい。

■現代野球で黄金期を迎えつつある仙台育英

次にあげたいのは、昨年夏の甲子園の優勝から黄金期を迎えつつある仙台育英だ。

ここ2年、夏の甲子園で優勝・準優勝している強さはもちろんのこと、今後の希望的観測も含め、今の仙台育英は中長期的な強さを誇るだろう。

昨年の仙台育英は、5人の投手陣はもちろんのこと、チーム打率.397を誇り、主軸の選手は当時2年の選手が多かった。

その翌年となった今年の夏の甲子園も、投打ともにハイレベルな選手をそろえて準優勝した。

球数制限が設けられる前の2019年から複数人の投手陣を形成しており、前準備から強さの予兆を感じられたチームだった。

2022年夏からは下記の成績を残している。

・2022年夏の甲子園優勝
・2022年国体初戦敗退(相手は明治神宮大会・春の甲子園・国体三冠の大阪桐蔭)
・2022年明治神宮大会ベスト4
・2023年春の甲子園ベスト8
・2023年夏の甲子園準優勝

さらに、2019年からは春又は夏の甲子園でベスト8以上を記録している。

須江航氏が就任してからは、安定した強さを誇っているため、大阪桐蔭と同様に長期間トップに君臨する可能性は高いだろう。

■甲子園を味方につけた斎藤佑樹を中心とした早稲田実業

斎藤佑樹を擁した2006年の早稲田実業は、駒大苫小牧の夏の甲子園3連覇を阻止した。

今年の慶應のように早稲田実業が勝ち上がると、斎藤の注目度は高まり「ハンカチ王子」とも称された。

この年の早稲田実業は、斎藤佑樹が全てのアウトを記録し、ほぼ1人で投げ抜いた。

そのイニング数は脅威の69回。今の高校野球においては賛否が分かれるが、一発勝負の甲子園では一番実力のある投手が投げ続けることが、勝率を上げることにつながることは確かだ。

早稲田実業は派手さがある打線だったわけではないが、エースを中心としたチームで勝ち上がった。

甲子園の予選である西東京大会で接戦を経験。西東京大会の準決勝、春季関東大会に出場した日大鶴ヶ島戦ではサヨナラ勝ちを収め、関東大会で優勝をしている日大三との決勝では、延長11回までもつれる試合を競り勝つ形で、甲子園を決めた。

早稲田実業は、西東京大会での戦いを経てひと回りもふた回りも強くなったことが、甲子園での強さの要因だったのではないだろうか。

■歴代記録を塗り替えて夏連覇も成し遂げた駒大苫小牧

2006年に田中将大を擁して、早稲田実業との死闘を戦い抜いた駒大苫小牧も挙げたい。夏2連覇を成し遂げ、翌年も決勝まで進出している。

初優勝の年は、涌井秀章を擁した横浜や春夏連覇を狙った済美などに勝利している。2連覇の年も、優勝候補筆頭とされていた大阪桐蔭に勝利している。

この3年間の駒大苫小牧は、田中将大以外はプロ入りできなかったものの、高校野球の勝ち方がどこよりも再現性の高かったチームだっただろう。

2連覇したときのチームに一貫して言えることは、ディフェンス力の高さだ。

大会を通しての失策数は、2004年は1つ、2005年は2つを記録。雪国で鍛えられた守備力が発揮されたと言っていいだろう。

ただ、やはり特筆すべきなのは2004年の打力だ。チーム打率.448を記録し、歴代記録を塗り替えた打線は、4割以上が実に7人もいた。

自慢の打線は、全試合で二桁安打を記録しており、この大会では日大三や横浜、東海大甲府、済美と立て続けに強豪校に打ち勝った夏だった。

また、チーム防御率が5.60と夏の甲子園の優勝校のなかでは、決して良いとは言えない成績にも関わらず、打力でカバーしたチームだった。

この年から伝説が始まったと言ってもいいだろう。

選手個人のタレント性はなかったものの、攻撃力から守備力までお手本のようなチームだった。

■2010年代の幕開けで春夏とも圧倒的な強さを見せた興南

2010年代の幕開けでいきなり春夏連覇を飾ったのが、沖縄の興南だ。

この年のセンバツで興南は、決勝で日大三との延長戦を制して初の春の甲子園を制覇。

大会を通して見ても、エースの島袋洋奨と強力打線、要所で見られる試合運びのうまさが際立った。

島袋は、46イニングを49奪三振、防御率1.17と驚異的な記録を残した。

この春の甲子園では、我如古が大会通算最多安打となる13と最多連続打数安打8を記録しており、2023年の春時点で破られていない記録である。

夏の甲子園でも、スタメンの9人中7人が3割を超える強力打線。4割を超える打者も5人おり、チーム打率は夏の甲子園歴代でもTOP10に入る記録となった。

さらに、エースの島袋は夏の甲子園でも51イニングを投げて、53奪三振、防御率1.94を記録した。

また、試合の状況や相手によってスタイルを変えられるゲームメイク力は、どの高校よりも抜けていたのは間違いない。

2010年の興南は、島袋+強打のイメージが強かったなかで、試合運びのうまさや細かいプレーの精密さを含め、投打ともに理想的なチームだった。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?