「もうすぐリングで死にます」松永光弘がプロレス引退するきっかけ

コロナの感染拡大により、特にダメージが大きいのは飲食業界だろう。そんな状況下の中で、いかに生き残っていくべきか? 墨田区立花で人気ステーキハウス『ミスターデンジャー』を経営する元プロレスラーの松永光弘さんに、どこにも語っていなかったプロレスラー引退の真実を聞いた。

■スピリチュアルカウンセラーが伝えた衝撃のひとこと

――ステーキハウス『ミスターデンジャー』をオープンした時点では、まだ松永さんは現役のプロレスラーでした。2009年に引退されるんですが、そのあたりの事情はこの本〔『デスマッチよりも危険な飲食店経営の真実』(小社刊)〕ではあまり触れられていませんよね。

松永 本当は書こうと思っていたんですけど、ちょっとオカルト的な要素のあるエピソードも出てくるんですよね。せっかく店の話をリアルにバカ正直に書いてきたのに、そういう話が入ることで、なんか怪しく思われてしまったら嫌だな、と思って削ってしまいました。

――差し支えがなければ、少し聞かせていただいてもよろしいでしょうか?

松永 一時期、スピリチュアルブームみたいなものがあったじゃないですか? そのとき、知人の紹介でスピリチュアルカウンセラーの方に見ていただいたことがあったんですよ。

――オーラが見えたりする方ですか?

松永 女性のカウンセラーの方だったんですけど、私を見るなり号泣して「あなたはもうすぐリングで死にます! 早くプロレスを辞めてください!」って言ったんですよ。まぁ、そう言われても、私はまだ42歳でそこまで体力の衰えを感じていなかったし、そこまで気にはしていなかったんですよ。

――ただ、そこまでストレートに言われると、ちょっと引っかかりますよね。

松永 当時、私は『ZERO-1 MAX』という団体に参戦していたんですけど、カウンセラーの方に見ていただいたあと、ある地方大会でエースの大谷晋二郎選手と場外乱闘になって、体育館の壁におもいっきりぶつけられたんですよ。

――プロレスを知らない方はびっくりされているかもしれませんけど、松永さんのファイトスタイルでは当たり前の攻防になります。まったくデンジャーではない。

松永 そうなんですよ。たしかに痛いんですけど、いつもだったら次の瞬間には、もう相手に向かっていっている。ところがそのとき、これまでに感じたことがないぐらいのダメージを受けたんですよ。自分でも「なんだ、これ?」と理解できないような痛みが全身に走って、一瞬、動けなくなってしまった。

――それは怖いですね。

松永 しばらくして、今度は田中将斗選手と対戦したんですけど、試合中に彼のダイビングボディープレスを食らったんですよ。

――田中選手とは90年代のFMW時代から、もう数え切れないほど対戦していますよね。そして、この技は田中選手にとって、けっしてフィニッシュホールドではありません。

松永 私も体で覚えているわけですよ。だいたい、これぐらいのダメージを受けるだろうな、と。ただ、技を食らった瞬間に、もうその想像を遥かに上回る衝撃を受けて。「えっ、いつから、こんなに田中選手の技は重たくなったんだ?」と思ったんですけど、しょっちゅう対戦しているわけで、急に変わるはずがない。となると、原因は私にあるんじゃないか、と。大谷選手との場外乱闘でのダメージもことも頭にありましたから。そこでスピリチュアルカウンセラーの言葉が頭をよぎったんですよ。

■妻は泣きながら「引退してくれ」と言った

――「もうすぐリングで死ぬ」と……。

松永 このことを妻に話したら、もう泣きながら「プロレスを引退してくれ」と。さすがに私も引退の二文字を意識しはじめるようになってきたんですが、ちょうど、そのとき私が企画した『ガラスレイン鉄球地獄デスマッチ』〔試合開始から8分が経過すると、天井に設置されたガラスボードが炎で包まれた鉄球で破壊され、ガラスの破片がリングに降り注いでくる……という危険極まりないルール〕が決まっていたんですけど「その前売り券が売れていない」という話になって、チケットの販売促進のために記者会見を開いてくれないか、という打診があった。「じゃあ、もう辞めてしまおう」と、その会見で『デスマッチ最終戦』と書いた色紙に血判っていうんですかね、血で手形を押したものをメディアに公開したんです。

――お客さんを呼ぶための松永さんなりの決意表明ですよね。松永さんが「デスマッチを辞める」となったら、それはもう実質的な引退宣言になりますから。

松永 そうですね。この会見のあと、チケットはあっという間に売り切れました。実際の引退試合はそれから1年半後の齋藤彰俊〔プロレスリング・ノア所属。松永の高校生時代の同級生〕との一騎打ちになるんですけど、まぁ、あれはケジメをつけるための試合だったので、私としては2008年5月17日のデスマッチ最終戦でプロレスラーとしては終わっているんですよね。

▲事実、松永氏はリング上とお店で命を削りながら戦いを続けていた

――まさかスピリチュアルカウンセラーの言葉が引退の引き金になっていたとは……ただ、今回の本を読んでいただければわかりますけど、ステーキ店の仕事は本当に過酷で、プロレスラーとの二足の草鞋はもう厳しかったのかもしれませんね。実際、この本の中にも引退後の闘病の話も出てきます。

松永 私は54歳になるんですけど、体調に関しては不安しかないですね。よくニュースなどで「後期高齢者問題」が話題になりますけど、54歳というのは、もう「前期高齢者」なんじゃないか、と。

――一応、65歳から74歳が「前期高齢者」という扱いになるみたいですけどね。

松永 もう、それぐらいのキツさは感じてます。だから、コロナの影響で店の営業時間を短くしても、経営的にはほとんど影響がないとわかったことは大きかったです。自分の体力に合わせて、店の在り方も変えていけばいいのか、と。コロナ騒動から学べることもけっこう多いんですよ。

<店舗情報>
■ステーキハウス『ミスターデンジャー』
立花本店
住所:東京都墨田区立花3-2-12 田中ビル1F
TEL:03-3614-8929
営業時間:PM5:00〜PM10:00(ラストオーダーPM9:30)
定休日:水曜日
※暫くの間、営業時間が変動いたします。詳しくはホームページ( https://www.mrdanger.jp/ )をご覧下さい。

関連記事(外部サイト)