『ワースポ×MLB』山本萩子キャスターが野球ファンから高い評価を得る理由

▲『ワースポ×MLB』キャスターの山本萩子さん

60試合という異例のシーズンとなったMLB(Major League Baseball)ですが、緊迫感あふれる試合が続き、日本人選手の活躍も話題になっています。そんなMLBの最新情報を毎日伝える『ワースポ×MLB』(NHK BS1)は、選手たちのプレーやチーム戦略などに踏み込んだ解説やデータ分析で迫ることで、野球ファンから好評を博しています。

同番組でキャスターを担当(毎週月〜金曜日)している山本萩子(しゅうこ)さんに、MLBの魅力や番組の見どころについて、たっぷりとお話を伺ってきました!

※編集部より:今回のインタビューは「三密」を徹底的に避けて行いました。

■日常に野球があることのありがたさを感じています

――新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が収まらない中で、MLBは7月24日(日本時間。以下、同じ)にようやく開幕となりました。まさに異例のシーズンとなりましたが、ここまでご覧になられて、どのように感じていますか?

山本 選手やファンの皆さんのいろんな想いや関係者の方々の努力のもと、やっと開幕したシーズンだと思います。60試合という短いシーズンなので、もちろん寂しさもあるんですが、それ以上に、難しいシーズンを戦っている選手たちや関係者の方々への感謝が強くて。毎日1試合1試合、すごく貴重なものを観せていただいているという気持ちです。60試合という短いシーズンということで、いつもとはまったく違う戦い方になると思うんですが「ならでは」の戦術もあると思いますし、日常に野球があることのありがたさを強く感じますよね。

――当たり前だった日常が、いま目の前にある喜びですね。

山本 はい。だからこそ、待ちに待ったシーズンが開幕したときは、嬉しくて仕方がなかったですね。

――開幕から約20試合が経過しました〔※取材当時〕。ここまで選手たちのパフォーマンスをご覧になられていかがでしょうか。

山本 開幕に向けて、選手の皆さんは調整がすごく難しかったと思います。実際、例年よりケガが多いのかなってすごく心配しています。『ワースポ×MLB』では、開幕前に日本人選手を中心にリモートでインタビューする機会が結構あったのですが「先が見えないところへ向かって調整することの難しさ」を、皆さんが口を揃えて話していらっしゃって、想像を超える困難がやっぱりあったと思うんですね。もちろんベストパフォーマンスを観たいですが「無理はしないでほしいな」という気持ちも正直あります。

ワースポ×MLB/ワースポ×MLBサンデー - NHK( https://www.nhk.jp/p/wsmlb/ts/Y1JX4RN5N2/ )

――いざ試合に出るとなったら、選手たちはやっぱり無理しちゃいますよね。

山本 プロなのでそれはあると思います。そんな中で「なんとかケガだけはしないで!」と毎日祈りながら観ていますし、60試合+ポストシーズンをなんとか無事に駆け抜けてほしいですよね。今シーズンは健康上の理由でプレーできない選手もいますし、マイナーの選手はプレーする環境すら奪われてしまいました。常に危険と隣り合わせの中で、戦うことを決めてくれた選手たちなので、その姿が見られるだけでありがたいなと感謝しています。

――先ほど日本人選手をリモートで取材されたとのことでしたが、あらたに秋山翔吾選手(レッズ)、筒香嘉智選手(レイズ)、山口俊投手(ブルージェイズ)が海を渡りました。日本人選手の試合を追うだけで大変ではないですか?

山本 もう毎日チェックしなきゃいけない人が多過ぎて……幸せな悩みですよね(笑)。朝起きて、かならず3試合は観ますし、どの試合も最初から最後まで観ることにしています。それだけでは追いきれないので、MLBの公式サイトも隅々までチェックしていますが、24時間ではちょっと足りないですね。

■ナショナルリーグの中部地区の激闘に注目してほしい!

――24時間では足りない! たしかに3試合をフルに観るだけで10時間ほどかかります。ちなみに、大谷翔平選手が所属するエンジェルスは西海岸が本拠地なので、試合は視聴しやすい開始時刻(午前11時頃)ですよね。大谷選手のここまでについてお聞かせください。

山本 マウンド復帰した7月27日の試合(1アウトも取れず5失点)については、大谷選手本人がもちろん誰よりも悔しいと思うんですが、私も悔しくてしょうがなくて、しばらく立ち直れないぐらい落ち込みました。それでも今シーズンは「打者に専念する」と発表した日にホームランを打ちましたよね! 2018年もトミー・ジョン手術を公表した日にホームランを打ってくれましたが、解説の黒木知宏さんも「心配して損しちゃったよね(笑)」って、前向きな意味でおっしゃられて。「プレーで証明する」なんていうフレーズがありますが、それを本当にやってくれる選手。二刀流についても、最初は疑問視する声のほうが大きかったのに、2018年は実際にプレーで証明しました。きっと大谷選手は、今シーズンも私たちの想像を超える活躍をしてくれると思います。

――さらなる活躍を期待したいですよね。そして、その他の日本人選手では、秋山選手を番組で取材されていました。

山本 はい。1月に下田の自主トレに足を運び、取材をさせていただいて、その後にリモートでもお話を伺いました。秋山選手は、あえて不安を口にするという印象があります。もともと真面目な性格だと思うのですが、不安に感じている部分をしっかり自分の中でかみ砕き、反省を積み重ねて、これまで結果を残してきたのだと感じました。

MLBでは試合に出たり出なかったりという難しい環境下で、守備でも素晴らしいプレーがありました。これからも試行錯誤しながら、秋山選手も積み重ねてきたものをしっかり発揮してくださると思います!

――やっぱり、日本人選手が活躍してくれると一日の気分が違いますよね。続いて、メジャーリーグ全体を見渡したときに、20試合経過したところで注目のチームをご紹介いただきたいのですが、いかがでしょうか。

山本 『ワースポ×MLB』では、開幕がなかなか決まらない期間に「チーム名鑑」というコーナーで、時間をかけて各チームを紹介しました。結果、私はすべてのチームへの思い入れが強くなり過ぎてしまったんですが(笑)、アメリカンリーグ中部地区ではホワイトソックスに注目しています。投打にわたり本気で補強をして「勝負の年だ!」と思っていたんですが、スタートダッシュとはなりませんでした。ただリーグ屈指の打線なので、ここからの巻き返しに期待しています。

――ありがとうございます。ナショナルリーグは、どのチームに注目していますか?

山本 ナショナルリーグは、中部地区に大注目しています。今はダルビッシュ有投手が所属するカブスが頭ひとつ抜けていますが、ブルワーズが少しずつ追い上げてきました。そしてコロナ禍の影響で、カーディナルスは28連戦の真っただ中ですが、もともと底力のあるチームなので、勢いに乗って大きな連勝もあると思います。そこに秋山選手が所属するレッズもありますから、最後の最後までもつれるのではないでしょうか。特にカブスとカーディナルスの古豪対決は、いつも盛り上がるのでぜひ注目してほしいです。

▲ナショナルリーグのことを誰よりもアツく解説する山本さん

――正直な話、ナショナルリーグの中部地区を推してくるのは意外でした。イチローさんや松井秀喜さんの活躍もあり、日本ではアメリカンリーグが好きな人が多い印象があるからです。ナショナルリーグだと野茂英雄さんや石井一久さん、そして前田健太投手が所属していた西部地区のドジャースに注目が集まりがちなので、山本さんのオススメは新鮮です!

山本 中部地区は強いチームが多いですし、素晴らしい内野手が多いんですよ。カブスのハビエア・バイエズ選手は、メジャーリーグの面白さをぎゅっと凝縮したような選手だと思っています。カーディナルスだと、やっぱりポール・デヤング選手。両選手ともに打撃はもちろんのことショートの守備が本当にスゴいんです。あと同じくカーディナルスのコルテン・ウォン選手も素晴らしい選手で、デヤングとウォンの二遊間の連携は観ていて本当に面白いです。

■スタッフの皆さんの努力を最後に伝えるのが私の役割

――アツいですね(笑)。たしかに『ワースポ×MLB』は、ナショナルリーグにもスポットを当ててくれるので、注目ポイントが増えました。ところで、選手たちは異例のスケジュールというお話がありましたが『ワースポ×MLB』も、試合がない期間は放送が不定期になったので、山本さんもスタッフの皆さんも大変だったと思います。その間、キャスターとして、どういう気持ちで日々の取材や放送に臨まれていましたか?

山本 私自身というよりも「MLB自体がどうなるんだろう」という不安がいちばん大きくて。日本に流れてくる情報には限りがあるので、朝起きたらMLBの公式HPを隅から隅まで見て、新しい情報や明るいニュースを探していましたね。選手たちの「野球をしたい」という気持ちと同じくらい、私も「野球を見たい!」と思っていましたし、キャスターとして早く試合の情報を、お届けしたいと願っていました。

――山本さんご自身も情報収集されていたんですね。

山本 スタッフの皆さんもすごく優秀な方ばかりで、もちろん新しい情報を共有してくださいます。一方で「一緒に番組をつくりたい」「自分からも動きたい」という気持ちが、私はすごく強いんです。もちろん、私もスタッフの皆さんも「野球が大好き」という共通の気持ちが大前提にあると思います。

――皆さん「野球が大好き」なんですね。私も番組の大ファンで、仕事から疲れて帰ってきて『ワースポ×MLB』を観ていると、スタジオの優しい雰囲気がすごく居心地がいいんですが、その理由が少し分かった気がしました。

山本 うれしいです! ワンチームというか、家族みたいなイメージで、実際、現場の雰囲気はとてもいいですし、1人1人が真剣に取材をして、高い意識を持って番組を作っていると思います。あと、画面には映りませんが、たくさんのスタッフがいるんですね。それは試合の中継班だったり、海外の記事を訳してくださる通訳さんだったり、データの分析担当だったり……。たくさんの人たちが「視聴者のために、いいものを作ろう!」という同じ目標に向かっていることは、私も番組のキャスターになってすぐに感じましたし、だからこそ私自身も「できることを頑張りたい!」っていう思いが強くなるんです。

――通訳にデータ分析! たしかに番組の球種や打球速度などの解説は、とても斬新ですし、イチ視聴者としてとても勉強になっています。

山本 ありがとうございます。そんなスタッフの努力を最終的に視聴者の皆さんに伝えるのは、キャスターである私の役割なので、やっぱりスタッフの皆さんの思いを無駄にはしたくないという気持ちと、私も一緒にいいものを作りたいなっていう気持ちで日々取り組んでます。

――今回、山本さんを取材したいと思ったひとつのきっかけが、私が放送を何気なく見ていたときに、山本さんが「ピッチャーのボールが動く」と言ったことなんですね。これまでだと「ボールが曲がる」が一般的だったので「この人はタダモノではないな」と(笑)。

山本 はい、言いますね(笑)。先日も、放送後に視聴者の方から「“反対方向に引っ張る”っていう表現はいいですね」といった旨の言葉を頂戴しまして。視聴者の方に伝わるのはすごーーーく嬉しいです。

――通(つう)の方々を唸らせるのはお見事です。そういう言葉は意識して勉強しているんですか?

山本 正直、全然そこは(していないです)。もちろん意識して取り入れる情報もありますが、小さい頃から野球の見方を教えてくれた父親のおかげですね。

――今「小さい頃から」とおっしゃいましたが、お父さんの影響で野球が好きになったんですね。

山本 そうですね。もちろん球場にも行ってましたし、野球中継を見ながら食卓を囲んでいるという光景が、我が家の日常だったので、物心がついたときには大好きでしたね。そして父親の解説から、ちょっとずつ知識だったり表現だったりを吸収したというのはありますね。

――家ではお父さんが、『ワースポ×MLB』では、非常に豪華な解説陣の皆さまがいらっしゃって、すごく贅沢な環境ですよね。

山本 本当に贅沢です。小早川毅彦さん、黒木知宏さん、仁志敏久さん、岡島秀樹さん、岩村明憲さんという、選手としても指導者としても経験豊富な方々に、プレーの解説もそうですが「野球の見方」を、目の前で教わるのは本当に勉強になります。たとえば黒木さんの場合、体の開きや肩の位置を解説してくださるんですが、私も少しずつバッターの体の開きや、投手の肩・肘の位置の変化が見えてきて。番組で試合のVTRが流れている間も、映像を見ながら教わっています。本当に幸せですよね。本当にありがたいなと思いながら「(視聴者の)皆さん、代わってほしいだろうな〜」なってちょっと罪悪感もあります(笑)。

■プロフィール

山本萩子(やまもと・しゅうこ)

1996年10月2日生まれ。神奈川県出身。日本女子大学人間社会学部心理学科卒、日本女子大学家政学部食物学科栄養学専攻中。趣味は野球観戦、音楽鑑賞。2019年より『ワースポ×MLB』の月〜金曜日キャスターを務める。
Twitter:ShukoYamamoto ( @shuko_y1002 )
Instagram: shuko_y1002

関連記事(外部サイト)