「仕事をしに行かない」“真中流”野球解説が高い支持を得る理由

プロ野球選手時代は、16年にわたり走攻守に活躍し日本一に貢献。また監督としても就任1年目にリーグ優勝を成し遂げるなど、東京ヤクルトスワローズの顔として勝負強さを遺憾なく発揮してきた野球解説者の真中満さんに、現在のスワローズへの愛ある叱咤激励と、スワローズ時代それから解説者として活躍するなかで培った「仕事観」について伺いました。

フジテレビやニッポン放送などでプロ野球解説者として人気の真中満さん。肩に力の入らない、野球の面白さを伝える解説が人気を集めています。ここでは、その意外な「仕事哲学」に迫ります。(取材は8月末に行いました)

※編集部より:今回のインタビューは「三密」を徹底的に避けて行いました。

■『eBASEBALL』の指先の動きはプロフェショナル!

新保 真中さんといえば、ゲームの解説もしていらっしゃいますよね?

真中 ああ『eBASEBALL』ね! あれも、とても楽しいんですよ。ただ、まだそこまで浸透していないので『eBASEBALL』の魅力や楽しさを、皆さんに伝える仕事をしています。

でも、なかなか難しいんですよ。「手先を動かすだけなのはスポーツじゃないだろう」という感覚の人も多いと思うんですよね。正直、僕も最初はそう思ったんです。「だってゲームじゃん」って。「ゲームで戦って、そんなのスポーツって言うなよ」とも最初は思ったんですが、実際こうやって関わってみると、指先の動きがプロフェッショナルなんですよ。わずかな指の動きで勝負する、その緊張感はまさにスポーツです。頭を使ってトレーニングをしているし、野球選手よりも長い時間練習していますからね。大会中とか、もうめちゃくちゃ練習するんですよ。

そういうことを考えると、本当にスポーツだなと感じます。ドラマもありますしね。やっとドラフトにかかった選手、去年は全然勝てなかった選手、いろんな選手の動きを見ていて、徐々に楽しくなってきています。それを僕たちが上手く伝えられればと思います。

プロ野球 eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」公式サイト( https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/ )

新保 最初、どういう経緯で真中さんにお話があったんですか?

真中 知り合いを通じて、解説の依頼があったのですが、最初に何本かやってみて、昨年からは「応援監督」ということで、大々的にいろいろやらせてもらっています。僕の得意なドラフトとかもあるじゃないですか(笑)。どうしてもドラフトのときには僕を使いたくなるみたいで、その流れでの応援監督なのかなと。まあ、いろんな失敗が仕事につながるよね(笑)。

新保 ドラフトでの「はやとちり事件」で、ここでもイジられる……(笑)。

真中 初めは恥ずかしかったけど、今はもう恥ずかしさはないもん。一切なくなってる(笑)。まあ「失敗を生かしている」ということでね。生かしてはいないか「生かされている」か(笑)。

▲「失敗を生かしている」と語る真中さん。その言葉どおり多忙な毎日を送っている

■「僕なら」意見はファンから求められていない

新保 お話は面白いし、声は素敵だし、解説が真中さんだと私自身リスナーとして「わーい、真中さんだ!」という感じなんです。ご自身としては、プロ野球解説者のお仕事はどうですか?

真中 3年目になりますが、解説の仕事は好きです。やっていてストレスはまったく感じません。なんか家でお酒を飲みながら、野球を観て独り言を言っているのを、みんなに聞いてもらっているような感じですかね(笑)。

新保 何か心掛けていることや、意識していることはありますか?

真中 僕が心掛けているのは「仕事をしに行かない」ということですね。あんまり解説をやりに行かない。あくまでもシンプルに「聞いていて邪魔にならないように」という思いが一番あります。

新保 そうなんですね。たしかに、たとえば「ちょっと素人目には分かりにくいミスや配球」といった、コアな情報が楽しいという人もいると思いますが、多くのファンはひいきのチームを応援しながら、見たり聞いたりしているので、もしできることなら、いい情報をもらいながら純粋に楽しみたいのかなと思います。

真中 そうそう。たとえばニッポン放送にはたくさんの解説者がいますよね、だからいろんな解説者がいていいんですよ。マニアックに、細かく配球を解説する人がいていいし、選手の癖を語る人、野球のなんたるかを語る人など、いろいろいていい。

ショウアップナイター Powered by BASEBALL KING( https://baseballking.jp/showup )

僕の場合は、まず「試合で何が起こったのかを、リスナーにちゃんと分かってもらえるような解説がしたい」と思っています。そのうえで、各選手の特徴を軽く話したり、野球にはこんな面白さがある、というのを加えたりしていく。

あと、あんまり自分のことを話しすぎると中継の邪魔になるので、気をつけています。とくに「僕なら、ここはバントですね」「僕なら、ここはヒッティングですね」といった「僕なら〜」という意見はいらないと思っています。テレビ・ラジオを楽しんでいる人は、その試合で実際の監督が何を考えているのかに興味があるわけで、「解説の真中がどう思っているか」なんていらないんです。これも「仕事をしに行かない」のひとつ。

もちろん、セオリーとしてはバントだとか、実況で「真中さんだったら、どうしますか」と聞かれれば「僕だったら」と話すことはありますけどね。それと、最後にオチがつくような面白い話だったら、自分の話も積極的にします(笑)。

▲ユーモアを織り交ぜたトークも天性の才能。新保さんも笑いが絶えません

■「取材はしない」真中流シンプル解説の極意

新保 だから、真中さんの解説は聴いていて楽しいんですね。

真中 でも江本(孟紀)さんみたいな辛口の解説があって、谷繁(元信)のような配球やバッテリーの心理を語るマニアックな解説があって、いろんな解説者がいるのがいいんです。僕はどっちかというと、純粋に野球を楽しむだけの中継を心掛けています。

新保 たしかに、私はニッポン放送時代、毎晩スタジオで毎晩違う解説の方々のお話を聞いていて、いろんな目線で野球を知ることができて、ますます野球が好きになったと実感しています。ところで、今年は新型コロナウイルスの影響で、グラウンドレベルでの取材が難しくなっているのですが、真中さんは現場取材はどうされていますか。

真中 取材ねぇ。僕は、ほとんど取材はしない。それは実況の人に任せています。だって別に僕が「どんな気持ちだった?」とか選手に聞いてもしょうがないじゃないですか(笑)。僕の仕事はプレーの解説。実況でもなければ、評論でもないから、取材もデータもいらないと思っているんです。目の前で起きたプレーを解説すればいい。?

新保 それぞれの解説者が「解説者像」を持っているんですね。試合前に話を聞きに行く人も多いですよね。

真中 そうですね。だから、行ったら行ったで挨拶はするでしょうけど、僕が挨拶したところで、練習の邪魔をするだけだと思うので。だから、あくまでもシンプルに仕事をしています(笑)。

▲インタビュー中も常に“自然体”。真中さんの解説が好評な理由が分かります

■お話を聞いた人

真中満(まなか みつる)

1971年1月6日生まれ。栃木県出身。宇都宮学園時代は3年時の1988年に春夏連続で甲子園に出場。大学時代は東都大学リーグで4度のベストナインに輝く。1992年のドラフト会議にてヤクルトスワローズから3位指名を受けて入団。走攻守にわたり躍動し、99年には打率3割を達成。2001年にはチームの日本一に大きく貢献。以降も“代打の神様”として活躍した。現役引退後はヤクルトの二軍打撃コーチ、二軍監督、一軍監督などを歴任。就任1年目にチームを14年ぶりのリーグ優勝に導く。2015年のドラフト会議では、1位指名の選手を巡り、「交渉権獲得」と勘違いしてガッツポーズをするという伝説を残す。2018年からはニッポン放送など解説者として野球の魅力を届けている。

■聞き手

新保友映(しんぼ ともえ)

フリーアナウンサー。山口県岩国市出身。青山学院大学卒業後、ニッポン放送にアナウンサーとして入社。『ニッポン放送ショウアップナイター』『板東英二のバンバンストライク』などでプロ野球の現場取材などを長く担当。その他『オールナイトニッポンGOLD』『高嶋ひでたけのあさラジ!』『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』『三宅裕司サンデーハッピーパラダイス』などニッポン放送の看板番組を務める。2018年6月よりフリーアナウンサーとして活動を開始。プロ野球の取材・コラム執筆、経営者のインタビュー、イベントの司会など、幅広く活躍している。
所属:B-creative agency ( http://bca-inc.jp/ )
出演:『大石久和のラジオ国土学入門』(ニッポン放送)? https://www.1242.com/kokudogaku/

関連記事(外部サイト)

×