自宅で寝転び「ストレッチポール」で自分の健康は自分で守る!

急に肌寒くなり、暑すぎた夏の疲れがどっと出ている人も多いのでは? しかし、今年はコロナ禍で迎える、はじめての秋冬シーズン。新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行も懸念されるなか、テレワークの継続で相変わらず“運動不足”を実感している一方で「少しでも健康な体で、この秋冬を過ごしたい!」と考えている人も多いことだろう。

そんな今シーズン、ぜひとも見直してほしいのが、自らの体力を高め、健やかな体を作る〈セルフコンディショニング〉という意識。そこで注目したいのが、自宅で寝転びながら体幹を鍛え「自分自身の健康は自分で守る」ことをコンセプトとして作られた「ストレッチポール」だ。

『公式ストレッチポール&ひめトレBOOK』(小社刊)は、日本にストレッチポールを普及させた日本コアコンディショニング協会(JCCA)による、公式のトレーニングメソッドを収録した、ロングセラー本である。

▲公式ストレッチポール&ひめトレBOOK 新装版

このコロナ禍で「運動不足」「座りっぱなしで体のゆがみが気になる」「姿勢が悪くなってきた」という人にこそ、まさにうってつけのストレッチポール。トップアスリートの愛用者も多数、これまでに300万人以上が“実感”した「1日5分」のトレーニングメソッドで、さっそく健やかな体作りをはじめてみよう!

■ゆがんだ体を“正しい状態”に導くコツ

朝、起きた時に「疲れがとれない」と感じる人は多いはず。寝ているときの筋肉の状態を専門の機器で計測すると、腰など体の一部分に集中して圧力がかかっていることが分かる。

つまり、しっかり寝ていても「疲れがとれない」と感じるのは、筋肉が完全にリラックスできていないことが理由の一つ。しかし、きちんとした睡眠こそが〈セルフコンディショニング〉の基本であることは、自明の理……。

これを解決するのがストレッチポールだ。ストレッチポールに乗ると体の外側の筋肉が緩み、また、簡単なエクササイズをすることで体のコアの筋肉も緩むため、完全なリラックス状態に入ることが可能になる。

さらに、筋肉が緩むことで背骨や胸郭、骨盤に股関節といった骨格が正しい位置に戻り、体が本来あるべき姿にリセットされるのだ。

「筋肉がゆるむ」→「骨格が整う」→「呼吸が深くなる」→「脳がリラックス」というメカニズム。これこそが、ストレッチポールがゆがんだ体を“正しい状態”へと導き、肩こり・お腹のたるみ・腰痛・冷え・むくみ・不眠など、さまざまな不調を改善させる理由なのである。

「多忙な日々で、すっかり運動不足」「体は鍛えたいけれど、人の多いジムに通うのは抵抗がある」という人でも、ストレッチポールなら「自宅でポールに乗って短時間のエクササイズをするだけ」で、体をリセット!

さらに、使い続けることで「体幹を鍛え、ボディラインを引き締める」ことも可能だ。そう、ストレッチポールはウィズコロナ時代における、あなたの最強の“武器”となりえるかもしれない。

▲短時間のエクササイズで体をリセット! イメージ:PIXTA

まずはエクササイズに入る前に、ストレッチポールの基本となるセルフモニタリングや乗り方、基本姿勢そして準備運動をおさえておこう。ここをしっかり覚えることで、エクササイズの効果は格段にアップする。

◎セルフモニタリング

▲公式ストレッチポール&ひめトレBOOK 新装版』(小社刊)より

最初に、いろんな姿勢や動作で現在の自分の体の状態を確認してみましょう。エクササイズ後に再チェックすると体の変化が分かります。

◎乗り方・降り方/基本姿勢

▲公式ストレッチポール&ひめトレBOOK 新装版』(小社刊)より

まず、ストレッチポールの正しい乗り方と降り方を覚えましょう。ストレッチポールを正しく置いて、あとはお尻から頭までを載せるだけ!

続いて、ストレッチポールのエクササイズを行うときの基本となる姿勢を覚えましょう。ほとんどのエクササイズで、まずこの姿勢をとります。

■不調を予防・改善する“簡単”エクササイズにトライ!

骨格がゆがむ原因は、あなたの普段の生活の中に隠れています。前かがみの姿勢をとるパソコン作業、料理や車の運転、あるいはバッグを必ず右手に持ったり、足を組んで座るクセすらも、体の左右のバランスを欠き、骨格をゆがませる原因に……。

このゆがみを放っておくと、痛みや肩こりの原因になるだけでなく、背骨に走る自律神経にまで影響を及ぼし、先述したあらゆる不調をもたらすことになる。

本来であれば、トレーナーなどのプロの手に委ねないとできなかった“ゆがみの解消”を、自宅で簡単にできるようにしたのがストレッチポール。こまめにエクササイズを行うことこそが、健康を保つためのポイントとなるのだ。

ここでは、体の筋肉をリラックスさせ、骨格を正しい状態に整えるための、基本中の基本のエクササイズ「床みがき運動」、そして、気づかないうちにどこよりもゆがんでいる首を正しい位置に戻し、“首こり”を解消するためのエクササイズ「首うなずき運動」「首ふり運動」を特別に紹介していこう。

◎床みがき運動

▲公式ストレッチポール&ひめトレBOOK 新装版』(小社刊)より?

ポールに乗って手で床を磨くような運動をすることで、肩を正しい位置に整えるエクササイズ。手を小さく動かすのがポイントです。

◎首うなずき運動、首ふり運動

公式ストレッチポール&ひめトレBOOK 新装版』(小社刊)より

首は本来、緩やかに湾曲していますが、首を前に出した姿勢が続くと形がくずれ、筋肉が緊張して首こりに。この体操で正しい位置にリセット。そして、首を左右に動かすことで、首うなずき運動とは別の筋肉を緩めて、さらに首を正しい位置に戻しやすくします。
?

健やかな体を作る〈セルフコンディショニング〉の第一歩は「自分の体の状態へ気づきを持つ」こと。そして、次のステップが、整えられリセットされた体の状態キープすることである。

実際にやってみると誰もが必ず実感するが、ストレッチポールを使ったエクササイズは、どれも簡単ながら気持ち良く、爽快感を感じることができるもの。そんな爽快感を感じつつ「その日のゆがみは、その日のうちに」リセットしておこう。

『公式ストレッチポール&ひめトレBOOK』には、あらゆる不調予防・改善に対応するエクササイズが詰まっているだけでなく、骨盤底筋を鍛えるための「ひめトレ」を使用した、女性ならではの不調に特化したエクササイズも収録されている。

なにかと心配なこれからの時期……。リモートワークの隙間時間、就寝前のリラックスタイムに、このストレッチポールを使った〈セルフコンディショニング〉を取り入れて、体力を高め病気にも負けない“体作り”を始めてみてはいかがだろう?

関連記事(外部サイト)