ロッテを訴えた清田育宏氏…裁判で2度目の不倫を否定も「それは無理があるでしょw」

元千葉ロッテマリーンズ清田育宏氏が2度目不倫否定 往生際の悪い清田氏に厳しい目

記事まとめ

  • 千葉ロッテを提訴した清田育宏元選手が、裁判で2度目不倫を否定していた事が分かった
  • 清田氏は桐谷美玲似美女との不倫と、黒木メイサ似女性との疑惑をFRIDAYに撮られていた
  • 度重なるルール違反にチーム上層部が激怒し、清田氏に契約解除が言い渡された

ロッテを訴えた清田育宏氏…裁判で2度目の不倫を否定も「それは無理があるでしょw」

ロッテを訴えた清田育宏氏…裁判で2度目の不倫を否定も「それは無理があるでしょw」

ロッテを訴えた清田育宏氏…裁判で2度目の不倫を否定も「それは無理があるでしょw」の画像

千葉マリンスタジアム (C)週刊実話Web

プロ野球のCS開幕直前に、千葉ロッテを提訴した同球団所属の元選手・清田育宏氏が、裁判で2度目の不倫疑惑≠否定していたことが分かった。



「清田氏は今年1月、桐谷美玲似の美女Aさんとの3年に及ぶ不倫を『FRIDAY』にスクープされました。さらに、コロナ禍にもかかわらず、球団が禁じていた部外者との会食を隠し、球団に虚偽の報告をしていたことが分かり、無期限の謹慎処分を受けていたのです」(スポーツ紙記者)


その後、チームメイトらの嘆願の声などもあり、5月1日に処分は解除されたが、同じ『FRIDAY』に今度は黒木メイサ似だという別の女性Bさんとの手つなぎ不倫デート疑惑℃ハ真をスクープされたのである。


「度重なるルール違反に、チーム上層部が激怒し、同月23日に契約解除が言い渡されました。清田氏は週刊誌から直撃を受けた際、『もう終わりですよ。これで球団もクビ、家族にも迷惑がかかる…』などと答えていましたが、その通りの結果になったわけです」(同・記者)


妻が起こした裁判に関するタレ込み

ところが、裁判でBさんの自宅マンションを訪れたことについて、「必要な外出だった」と主張。球団が契約解除の根拠の一つに上げたコロナ禍での不要不急の外出≠ナはなかったと真っ向から否定した。


「清田氏の主張では、1月の不倫疑惑発覚後、清田氏の妻がAさんを相手取り、慰謝料請求の裁判を起こしていた。そのことに関する情報をBさんが清田氏にタレ込んできたため、Bさんの自宅マンションで会っていたというのです。情報の確認だけなら電話やメールで済ますこともできますし、『FRIDAY』に直撃された際にも、そう説明していればよかった。裁判の相談に伴う必要な外出≠ナ、Bさんとも男女の関係になければ、なぜ手をつないでいたのか…」(同・記者)


ネット上には、清田氏へのツッコミがあふれている。


《いやいや、それは無理があるでしょw 変な言い訳をすればするほど自分の首を絞めることになる。潔く認めて反省し、早く再出発をしたほうがいい》


《本当に不倫じゃないなら、週刊誌に凸されたときに自信をもって『不倫してない』と言い切ればよかったのに。『もう終わり』って自分で認めてるじゃんw》


《李下に冠を正さず。あのタイミングで疑わしいことをしていた時点で、自覚が欠けていたんだよ。素直に認めて謝罪した方がいい》


あまりに往生際の悪い清田氏に、世間は厳しい目を向けているようだ。



関連記事(外部サイト)