MLB新労使協定で「国際ドラフト」実施に合意 日本の高校・大学選手の乱獲が懸念

記事まとめ

  • MLB新労使協定で「国際ドラフト」が合意に達し、日本の高校・大学選手の乱獲が懸念
  • 紳士協定で自粛してきたがロッテ佐々木朗希の「完全試合」で、米国側が一方的に反故に
  • 国際ドラフトが実施されれば、夏季甲子園県大会出場をどう判断するか、微妙になるとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております