大坂なおみが「日本ハム喪失」の札幌市を救う!?

大坂なおみが「日本ハム喪失」の札幌市を救う!?

大坂なおみが「日本ハム喪失」の札幌市を救う!?

 清宮よりも大坂なおみ! 北海道日本ハムファイターズを北広島市移転で奪われた札幌市が密かに動き始めていた。女子テニスの国別対抗戦フェドカップを、札幌の繁華街にも近いスポーツ&イベント会場「きたえーる」に招致する。早ければ2019年にも実現する予定で、大躍進中の大坂なおみを応援しようとしているのだ。

「出生が大阪市だったせいか、関西のイメージも強い大坂ですが、お母さんは北海道の出身なんです。ハイチ系米国人の父を持ち、日本とアメリカの二重国籍となっておりますが、日本での住民票は札幌市にある。札幌市で大坂なおみを応援していこう、と」(地元関係者)

 札幌では年内にも応援組織も立ち上げるという。実は、ここまで地元が意気込む背景には、ファイターズの北広島市行きの影響もあるという。もっか、札幌市民の最大の関心事は、移転後、札幌ドームはどうなるのか。稼働率が落ちるため、施設維持費の問題もある。同時に、観光客の減少も懸念されており、大坂なおみへの応援は、「ファイターズに代わる新しいPR材料を」の狙いもあるようなのだ。

「テニスの4大タイトルのパブリックビューイングも企画されています。札幌市とプロ野球とサッカーで盛り上がっていたので、野球の代わりにテニス熱を高めていく狙いもあるようです」(地元紙記者)

 とはいえ、札幌市民は華々しいデビューを飾った清宮幸太郎に好意的だ。札幌市民が「清宮観たさ」で北広島の新球場に足繁く通うなんてことになったら、きたえーるからさほど遠くないすすきの界隈にも影響が出るだろう。大坂なおみは札幌の救世主となれるのか…。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)