斎藤佑樹がついに賞味期限切れ!?話題性では松坂超えもファン離れは深刻か

日本ハムの斎藤佑樹が登板の阪神戦で観客動員が低迷 勝ち星も逃しファンも見放したか

記事まとめ

  • 日本ハムの斎藤佑樹がセパ交流戦の阪神戦で4回8安打7失点でKOされ今季初勝利を逃した
  • 中日の松坂大輔は国内で12年ぶりの勝利をあげ話題だが、斎藤の検索回数が上回ることも
  • 斎藤は客寄せパンダの役割を期待されるも観客動員数は低迷しファンからも見放されたか

斎藤佑樹がついに賞味期限切れ!?話題性では松坂超えもファン離れは深刻か

斎藤佑樹がついに賞味期限切れ!?話題性では松坂超えもファン離れは深刻か

斎藤佑樹がついに賞味期限切れ!?話題性では松坂超えもファン離れは深刻か

 北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手がまたまたやってくれた。6月12日に行われたセパ交流戦の阪神タイガース戦において、4回8安打7失点でKOされ、今季初勝利を逃したのである。この日は斎藤にとって30歳での初登板となったが、5四球を与える不安定なピッチングにより、6月6日に迎えた誕生日をみずから祝うことはできなかった。

「試合後には阪神ファンから『MVPは斎藤』とイジられ、日ハムファンからはあきらめの声が続出。それでもネットではトレンドキーワードに『斎藤佑樹』がランクインするなど、相変わらずの人気者ぶりを発揮しました。今期は中日ドラゴンズの松坂大輔投手が国内で12年ぶりの勝利をあげ、ここまで3勝をあげて話題になっていますが、ネットでの検索回数を比較すると斎藤との差はごくわずか。しかも瞬間最大風速では今回の敗戦が、松坂の今季初勝利を上回ったというのだから驚きです」(スポーツライター)

 その松坂は1999年に「怪物」との評判をひっさげて西武入りし、いきなり16勝をあげる大活躍を見せた。それに対して斎藤は通算8年で15勝止まりと、松坂の1年分にも満たないのである。

 それでも斎藤は、そのズバ抜けた人気で球団に貢献していると言われてきた。確かにネットでの“バズりぶり”は、今でもトップクラスだが、実はその人気にも大きな陰りが見えてきたという。スポーツライターが続ける。

「斎藤はこれまで、登板すれば観客が5000人は増えると言われ、客寄せパンダの役割を期待されていました。ところが12日の試合では人気球団の阪神が相手にもかかわらず観客数は2万3696人に留まり、今季の主催26試合で7番目に低い数字となったのです。平日の札幌ドームという条件を考慮しても、ここまで計5試合が今回の阪神戦より多くの観客を集めていますし、もはや観客増を理由に斎藤をチームに留めておく理由はなくなったのかもしれません」

 投手としては勝ち星に見放され、人気者としてはファンから見放されはじめた斎藤。いよいよ野球人生の終わりが近づいてきたのかもしれない。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)