清宮の二軍生活がオフの助っ人市場に影響!トラが「本命獲得」へ

日本ハム清宮幸太郎の二軍生活が阪神の補強に影響か 中田翔ではなくレアードが本命?

記事まとめ

  • 日本ハム・清宮幸太郎の長い二軍生活が「トラの大型補強」にも影響しそうだという
  • 中田翔と清宮はポジションが重複し、日本ハムは重複する選手を持つのを嫌うそう
  • 阪神は新4番の陽川尚将を育てつつあるがロサリオを切ってレアード獲得に動き出すとも

清宮の二軍生活がオフの助っ人市場に影響!トラが「本命獲得」へ

清宮の二軍生活がオフの助っ人市場に影響!トラが「本命獲得」へ

清宮の二軍生活がオフの助っ人市場に影響!トラが「本命獲得」へ

 日本ハム・清宮幸太郎の長い二軍生活が「トラの大型補強」にも影響しそうだ。

「清宮の一軍昇格が決まらないのは、一塁・中田、左翼・近藤、指名打者・アルシアが好調だからです。中田のトレード補強を阪神が狙っているなんて情報も聞かれますが」(スポーツ紙記者)

 中田翔と清宮はポジションが重複する。日本ハムは重複する選手を持つのを嫌う。また、年齢的にも上積みが期待できないことから「中田放出論」が出たのだが、そうではないようだ。トラの本命が動くかもしれない。

「レアードの契約が今季で終了します。近年、阪神が外国人選手で失敗していますが、渉外担当者に言うのは、レアードを指して『ああいうのが欲しいんだよ』なんです」(関係者)

 日ハムの三塁手・レアードは2016年に本塁打王のタイトルを獲得し、昨季までの来日3年間、すべて30本塁打以上を放っている。しかし、年俸は推定2億5000万円。残留交渉となれば、「3億円スタート」は必至で、チーム総年俸約24億円の日本ハムからすれば、「今季以上は払いたくない」というのがホンネだろう。

「清宮が二度目の二軍降格を告げられた時、栗山監督は『課題が見えてきた』と、暗に守備で鍛え直す必要性があることを示唆していました。レアードを見送るとなれば、三塁が空き、三塁経験者の中田、あるいは清宮を挑戦させる選択肢も出てきます」(前出・関係者)

 阪神は新4番の陽川を育てつつある。こちらも「守備に難アリ」で、三塁を守らせるよりは一塁か外野で固定させたい。清宮の二軍生活が長引けば、栗山監督も悩む。トラはロサリオを切って、本命獲得に動き出す──。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)