天才テリー伊藤対談「水野雄仁」(4)池田高校野球部の一番の思い出は?

天才テリー伊藤対談「水野雄仁」(4)池田高校野球部の一番の思い出は?

天才テリー伊藤対談「水野雄仁」(4)池田高校野球部の一番の思い出は?

テリー この夏の甲子園は100回記念大会ということで、高校野球のレジェンドたちが毎日始球式を行いますけど、水野さんも投げるんですよね。

水野 はい、11日に立たせていただきます。久々の甲子園のマウンドですから、今から楽しみなんですよ。

テリー 高校球児が見てますし、ここはビシッとストライクを決めないとね。

水野 ですね(笑)。恥ずかしい投球にならないようにしないと。

テリー あらためて、水野さんがこれまで見てきた高校野球の選手で、いちばん印象深いのは誰ですか?

水野 う〜ん、やはりPL学園の桑田と清原(和博)ですかね。

テリー おおっ、KKコンビだ! それは、池田高校の3連覇を準決勝で阻止されたから?

水野 そうですね、結局、それが唯一の負け試合ですから。そういう意味でも印象に残っているんですよ。当時のPLは、まだマークしなければいけないほどの存在ではなくて、「順当に行けば池田が勝つだろう」と思っていたし、世間もそんなムードだったんじゃないでしょうか。

テリー もちろん、日本中が池田が3連覇すると思っていたでしょうね。

水野 それが、逆にプレッシャーになったところもあったんです。「勝って当たり前」みたいに思われていますけど、予選を勝ち抜くだけでも大変なわけじゃないですか。とはいえ、PLには余裕で勝てると思っていたんですよ。

テリー でも、準決勝では7−0のストレート負け。ビックリしたでしょう。

水野 この試合で、PLが大きな注目を集めるようになるんですよね。

テリー 当時、水野さんから見て、桑田と清原はどういう選手でしたか?

水野 彼らはまだ1年生ですから、データもほとんどなくて、文字どおりの未知数でしたね。結局、その試合では桑田にはホームランを打たれて。清原は4奪三振でしたが、彼は体が大きくて「三振とはいえ、すごいスイングをするな」と思いましたね。

テリー 今考えてみて、PL戦で負けたのは、どこかに油断があったからだと思いますか?

水野 いや、やっぱり勝負事ですから、「負ける時はこんなものかな」みたいな感じでしょうか。逆に82年夏の初優勝、荒木大輔さんのいた早実(早稲田実業)と準々決勝で当たって勝った時も、同じような心持ちでしたね。

テリー 水野さんが2本ホームランを打って大活躍した試合ですよね。

水野 そうです。荒木さんから1本、別の投手から1本打ちました。当時の荒木さんは1年生の時から甲子園に5大会連続出場していた本物のスーパースターでしたから、ずっと早実と対戦したいと思っていたんですよ。それが実現して、しかも2本もホームランを打って、勝つことまでできたんですから、もう何も言うことはないです。いちばん思い出に残る試合といえば、やはりこの早実戦になるんでしょうね。

テリー いいなァ、青春時代にそういうまばゆい思い出があるのは、実にうらやましいですよ。

水野 でも、野球のことより鮮明に覚えているのは、合宿所で飯を食べたり、練習が終わったあと、みんなでかき氷を食べに行った、みたいなことばっかりなんですよね(笑)。

テリー 本当にチームの仲がよかったんだ。当時の池田の強さの秘密って、そんなところにあったのかもしれないな。

◆テリーからひと言

 水野さんの久しぶりの甲子園での晴れ舞台、楽しみにしてますよ! ビシッと決めて、池田高校魂を見せてください。

関連記事(外部サイト)