「夏の甲子園第40回大会」ダークホースの柳井が山口県勢初V

「夏の甲子園第40回大会」ダークホースの柳井が山口県勢初V

「夏の甲子園第40回大会」ダークホースの柳井が山口県勢初V

 甲子園では、大会前にはほぼノーマークだったチームが快進撃を見せ、旋風を巻き起こすことがある。今大会も前評判はさほど高くなかった下関国際(山口)が2012年の宇部鴻城以来6年ぶりに県勢として3回戦進出を果たし、伏兵的存在となっている。

 その山口県勢は夏の選手権でただ1度だけ、全国制覇を果たしたことがある。1958年第40回大会の柳井である。

 今回の下関国際同様に、大会前にはほとんど存在が注目されていなかったが、初戦の札幌商(現・北海学園札幌=北海道)戦でエースの友歳克彦(法大─日本石油)が好投を見せ、2安打完封。打線もミート打法中心の短打を重ねる攻撃で計7安打、2点を挙げ、2‐0で勝利し、波に乗ったのだった。

 続く2回戦の鳥取西戦も接戦となった。試合は3回裏に柳井打線に連打が飛び出し貴重な1点を先制。これを友歳の好投と野手陣の好守で守り切った。友歳の被安打はわずか2本。1‐0の辛勝だった。

 3回戦も宮崎大淀(現・宮崎工)とのシーソーゲームとなった。1回裏に柳井が1点を先取すると4回表に宮崎大淀も1点を取り、同点に。だが、柳井は6回裏に1点、7回裏に2点と短打を重ねて小刻みに追加点を奪っていった。8回表に相手打線の反撃に遭い2点を返されたが、最後は友歳が何とか1点差を守り切り、4‐3で逃げ切ったのだった。

 こうして柳井は苦戦続きながらあれよあれよという間にベスト8へと進出。準々決勝の海南(和歌山)との試合も双方がしのぎを削る白熱した好ゲームとなる。柳井は3回までに3点と、この大会初めて相手にリードを許す劣勢の展開となったが、3〜5回にかけて各1点ずつを取り、同点に追いつく。さらに7回裏に集中打で1点を奪い、ついにリードすることに成功。投げては4回以降、海南打線を無得点に封じた友歳の好投で、最後までこの1点のリードを死守したのである。友歳は被安打6の完投勝ち。またも4‐3という辛勝である。だが、3試合連続して1点差試合をものにしたことで、粘りが柳井の本領となっていた。

 この粘りは準決勝の高知商戦でも発揮され、四国の強豪相手に柳井は友歳が好投。投手戦に持ち込んだのである。柳井打線も高知商のエース・森光正吉(元・阪神)の前に7回まで手も足も出ない状態だったが、8回裏に棟居英二に殊勲のタイムリー三塁打が飛び出し、決勝の1点を挙げ、1‐0で勝利。ついに決勝戦へと進出することとなったのだった。

 決勝戦の相手は、この大会5試合で80奪三振の大会記録を打ち立て、超高校級左腕と謳われた板東英二(元・中日)擁する徳島商だった。だが、この日の板東は準々決勝での球史に残る魚津(富山)との延長引き分け再試合の疲れがあったのか、球に球威がなかった。柳井は2回裏に1死からの連続安打と2つの四球、さらに右前適時安打で3点の先制に成功。さらに4回裏に1点、8回裏にも3点を加えて試合を決定づけたのである。柳井の各打者は大振りせず、選球眼も確かで計14安打を放つ猛攻ぶり。投げては友歳が横手からシュート、上手からのカーブを巧みに決め、徳商打線をわずか4安打に抑え込んだ。この大会最後の試合で7‐0と初めて圧勝したのであった。接戦続きだっただけにこの柳井の優勝は“番狂わせの優勝”とも言われたが、バットを短く持って鋭く当てる。バントも確実に決め、点を重ねる。好守で友歳を盛り立てる。まさにチームワークでつかんだ栄光であった。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

関連記事(外部サイト)